06-6777-3688
BLOG

【2022年最新版】中古ドメインの探し方や選び方を徹底解説

最終更新日:2022年7月22日

中古ドメイン

「中古ドメインを取得して新たにホームページを開設したい」と検討中の方も多いのではないでしょうか。

ホームページを立ち上げるからにはSEO対策を万全に行い、Googleの検索上位に表示されるようにしておきたいものです。中古ドメインを取得することによって、SEOの観点からも有利になるケースも多いです。

そこで、この記事では中古ドメインを活用するメリットとデメリット、中古ドメインの探し方・選び方・注意点についてわかりやすく解説します。

記事の後半では、中古ドメインの探し方や選び方でお困りの方におすすめのサービスも合わせて紹介しますので、ぜひ最後までお読み下さい。

目次

中古ドメインの概要

ドメイン

中古ドメインとは何か

中古ドメインとはオールドドメインとも言い、これまで既存のホームページで使われてきたドメインが更新期限切れになったドメインのことを指します。

通常、ドメインを取得して使用する際には一定の契約期間が定められています。ドメインの契約をした所有者が更新手続きを怠った場合はドメインの期限切れとなり、契約が失効します。

一定の契約期間が切れて失効した場合は、これまでのドメインの所有者から所有権が完全に失われることになります。そのため、今後は第三者がそのドメインを取得することも可能となります。

中古ドメインと新規ドメインの違いは何か

新規ドメインとは新しく発行されたドメインのことを指し、これまで誰も使ったことのないドメインです。これに対して、過去に使われていたドメインは中古ドメインとなります。

中古ドメインの場合は、ホームページを運営する目的でこれまで使われていたため、運用履歴が残ります。

一方、新規ドメインの場合は初めて作成されたドメインであるため、新たに取得した時点では運用履歴は一切残っていない真っ白の状態です。

ホームページを運用するのに中古ドメインと新規ドメイン、どちらを選ぶべきなのか悩む人もいますが、一概にどちらの方が良くてどちらが悪いとは言えません。中古ドメインと新規ドメインはそれぞれメリットやデメリットがありますので、使用目的やニーズに沿って慎重に選択しましょう。

中古ドメインにおけるSEOの効果は?

「中古ドメインを取得しておくとSEO対策に有利」という見方もあります。中古ドメインは過去に使われたドメインであるため、すでにGoogleの検索エンジンが認識していて、新規ドメインよりも評価が高くなるケースもあります。その結果、SEOに有利になる可能性も十分にあります。

中古ドメインを使用するメリットについては、この後さらに詳しく解説していきます。

中古ドメインを活用するメリットとデメリット

それでは、中古ドメインを利用することによってどのようなメリットが期待できるのか、中古ドメインを使うデメリットも合わせて解説していきます。

中古ドメインのメリット

メリットデメリット

検索エンジンに評価されやすい

中古ドメインを利用することによって、Googleの検索エンジンに評価されやすいのが最大のメリットと言えるでしょう。

新規ドメインを取得した場合は、Googleの検索エンジンにまったく履歴が残っていない状態ですが、中古ドメインはすでに履歴が残っていて、ドメインの質が良ければGoogleからの評価が高まる可能性大です。

新規ドメインと比較するとGoogle検索結果の反映がスピーディーで、スムーズにインデックスされやすいのが、中古ドメインならではの大きな利点と言えるでしょう。

サイト公開直後から上位表示の可能性あり

Googleの検索エンジンの特質として、意図的な被リンク (バックリンク) ではなく、自然発生的なナチュラルリンクを重視する傾向にあります。

取得した中古ドメインが、Googleで過去直近の検索順位を引き継いできた場合や、被リンクとしての資産価値を維持し続けてきた場合は、サイト公開直後から検索上位に表示される可能性があります。

ドメインの持てる力をフル活用できる

そもそも中古ドメインは過去直近に運用履歴があり、一定以上のドメインパワーを持っているものであれば、その力をフルに活用することができます。

一方、新規ドメインの場合はドメイン力を上げるまでに、ある程度の時間と労力が必要になってきます。中古ドメインの場合は、過去に使われていた情報がすでにGoogleの検索エンジンに認識されているため、新規ドメインを設定して作られたホームページと比較すると、検索上位に表示されやすいというわけです。

中古ドメインのデメリット

ドメイン名を自由に決めることができない

新規ドメインを取得する場合は、アルファベットの文字列を自由に選ぶことができます。

しかし、中古ドメインの場合はドメイン名が決まっているため、新規ドメインと比較すると自由性に欠けるのがデメリットです。そのため、「企業名やブランド名をドメインに反映して知名度や認知度を上げたい」といったこだわりがある場合には、中古ドメインは不向きです。

過去の悪い評価を受け継ぐリスクがある

先ほどもお伝えした通り、中古ドメインは良くも悪くも過去に使用されていたサイトの評価をそのまま受け継いでいく形になります。これまで運営されていたサイトの内容が、Googleから高い評価を受けたものであれば、過去の評価を受け継ぐことは喜ばしい事です。

一方、Googleからペナルティを受けている場合や、過去に運営されていたサイトの評価が著しく低い場合、アダルト系サイトや偽サイトなど、もともとのサイト自体が悪質な内容だった場合は、過去の悪い評価もそのまま受け継いでしまうこととなります。

Googleの検索エンジンから悪い評価を受けていたドメインとは知らずに使い続けてしまった場合は、特に注意が必要です。どんなにサイトの内容が素晴らしいものであっても、Googleの検索上位表示までの道のりは、長く険しいものとなってしまうことでしょう。

コスト高になる可能性もある

「新品よりも中古品の方が安い」という先入観が定着していることもあり、「中古ドメインは新規ドメインよりも安い」と認識する人も多いようです。

しかし、残念ながら中古ドメインは必ずしも安いとは断言できません。中古ドメインは安いものもありますが、中には数万円単位の高額なものも存在します。

特に、ドメインパワーが高ければ高いほど、それなりに価格が高くなりがちです。高額な中古ドメインを取得したからといって、「SEOなどGoogleからの評価が高まる効果が必ず保証される」というものではありません。

そのため、中古ドメインの取得を検討中の方は、長い目で見て費用対効果を十分に考慮した上で、慎重に判断する必要があります。

【2022年最新版】中古ドメインの探し方

url

「中古ドメインを取得したいけれど探し方がわからない」という方も多いようです。中古ドメインの探し方は、主に下記の2つの方法があります。

  • ・中古ドメインの検索サイトを活用して探す方法
  • ・チェックツールで期限切れの中古ドメインを探す方法

上記のうち、どちらを選んでも自分で一から探すことになりますが、それなりに時間と労力が必要です。

中古ドメインの検索サイトを活用して探す方法

中古ドメインの検索サイトを活用して探す場合は、例えば下記の2つのサイトがあります。

  • ・中古ドメイン検索 SEONET.JP
  • ・ExpiredDomains.net(エクスパイヤードドメインズ・ネット)

中古ドメイン検索 SEONET.JP

中古ドメイン検索 SEONET.JPでは、ホームページ運営に役立つSEOツールが無料で利用可能です。中古ドメイン検索機能も搭載されていて、運営歴が長いドメインやバックリンク (被リンク) 付きのドメインを検索することができます(うまく表示されない場合もあり)。

ExpiredDomains.net(エクスパイヤードドメインズ・ネット)

ExpiredDomains.net(エクスパイヤードドメインズ・ネット)は、期限切れのドメインを探すのに便利なサービスです。海外で運営される中古ドメインを調べることが可能で、新規ドメインと同じ金額で取得できます。

低コストで中古ドメインを取得したい方には最適ですが、もともと海外運営のサイトであるため、初めての方には使いづらいのが難点なのと、経験上、ペナルティを受けているドメインがちらほらあるのでリスクがあります。

これらの中古ドメインの検索サイトを活用して探す方法をご紹介しましたが、使用上のデメリットもいくつかあります。

中古ドメインを探す際はできる限り「ドメインパワーの高いものを選びたい」ですよね。

しかし、ドメインパワーが高そうものを探していても、なかなか簡単に見つけることは難しいです。ドメインパワーが高いものは人気とニーズが高いため、すでに取得されたケースが多いのです。

また、中には過去にペナルティを受けたドメインが含まれている場合もあります。結論から言えば、これらの検索サイトで中古ドメインを探しても高品質なドメインを入手するのは極めて難しく、リスクも孕んでいるので要注意です。

チェックツールで期限切れの中古ドメインを探す

専用のチェックツールを活用して、期限切れの中古ドメインを探す方法もあります。しかし、リンク切れのサイトを探すのは時間と手間がかかり、結構大変な作業です。

チェックツールで中古ドメインが見つかったとしても、良質なものであるかどうか判断しづらいです。

【2022年最新版】中古ドメインの選び方と注意点

狙っているキーワードの上位10件のドメインパワーと比較して遜色のない中古ドメインを選ぶ

先にもお伝えしたように新規ドメインを取得する場合は、任意に設定した文字列の組み合わせで自由自在に選ぶことができますが、中古ドメインの場合は自由に文字列を選べません。

中には、ペナルティを受けたドメインなど、悪い要素が含まれた中古ドメインも存在するので、選ぶのに時間と労力を要することもあるでしょう。

良質な中古ドメインを選ぶ基準はそのドメインが持つSEO観点での力、つまりドメインパワーです。中古ドメインを上手に選ぶ秘訣として、狙っているキーワードの上位10件のドメインパワーと比較しておくことをおすすめします。その中から遜色のない中古ドメインを慎重に選ぶと良いでしょう。

過去に警告やペナルティを受けた中古ドメインは避ける

「中古ドメインはすべて良質である」とは言い難いです。中には、過去に警告やペナルティを受けた中古ドメインも存在するので、絶対に避けるべきです。

「格安価格で中古ドメインを取得したら、後になってペナルティや警告を受けていたものであったことが判明した」というケースも少なくありません。中古ドメインの価格が安いからといって、うかつに飛びつくと、思わぬリスクを背負いこんでしまううことにもなりかねません。

ペナルティや警告を受けていない安全品質の中古ドメインを慎重に選ぶことが重要となってきます。

ブラックリストチェックツールを活用する

それでは、過去に警告やペナルティを受けたかどうか調べるにはどうすれば良いのでしょうか。中古ドメインのブラックリスト履歴や安全性について知りたい時は、ブラックリストチェックツールを使って調べる方法があります。無料のツールもありますので、活用すると良いでしょう。

ただし、ブラックリストチェックツールを使って調べても、中古ドメインの安全性やリスクについて判断するのに100%完全な対策であるとは言えません。

ペナルティのチェックはGoogleサーチコンソールの「セキュリティと手動による対策」から「手動による対策」で確認できます。

中古ドメインの探し方・選び方でお困りの方におすすめのサービスをご紹介

アクセス中古ドメイン

これまで中古ドメインの探し方・選び方についてお話を進めてきましたが、「検索サイトやチェックツールを使うのが面倒」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、中古ドメインの探し方や選び方で行き詰まってしまった方におすすめサービスとして、アクセス中古ドメインについてご紹介しましょう。

アクセス中古ドメインはその名の通り中古ドメインを専門に取り扱う販売業者で、北海道札幌市の株式会社アクセスジャパンが運営しています。公式サイトから中古ドメインを取得できることはもちろん、活用方法やSEO対策などお役立ち情報も満載です。

公式サイトには中古ドメインの新着情報が随時更新されており、ドメイン名と価格だけではなく、アクセス中古ドメインによるドメインパワーの独自指標である「パワーランク」も公開されています。パワーランクはもっとも格安なシルバー、ゴールド、プラチナの順に全部で3つのランクがあります。

アクセス中古ドメインは、ペナルティや警告を受けていない安全性の高い中古ドメインをお探しの方に最適です。仮にペナルティを受けていたことがあったとしても、アクセス中古ドメインでは返品に関する保証制度が設けられているので安全安心です。

アクセス中古ドメインの公式サイトには、品質の高い中古ドメインが多数用意されていて、確実に即購入することができます。

チェックツールや検索サイトで探す時間と労力を費やす必要もなくなり、その分、ホームページのコンテンツ制作などに注力できますので、アクセス中古ドメインをぜひ活用すると良いでしょう。

アクセス中古ドメインの詳細はこちら

【2022年最新版】中古ドメインの探し方や選び方を徹底解説 まとめ

この記事では、中古ドメインの探し方・選び方について解説しましたが、いかがでしょうか。自分で中古ドメインを探すのは難しく、どのドメインを選択すれば良いのか自己判断が非常に難しいです。

そのような悩みを解消したい方に最適なのが、先にご紹介したアクセス中古ドメインです。

もっともドメインのパワーランクが低いシルバーを選んだ場合でも、5000円台からの低価格でSEO対策の効果が期待できます。今すぐに中古ドメインが必要な方にもアクセス中古ドメインなら、申し込み手続きしてから入金確認後すぐに使うことができます。

「スピード感をもって安全性の高い中古ドメインでサイト運営をして検索上位に表示させたい」、アクセス中古ドメインを活用すれば、そのようなニーズをしっかり満たせることでしょう。

アクセス中古ドメインのウェブサイトで取得した中古ドメインは、今後サイト運営を継続していく上で、「一つの大きな資源」と捉えておくと良いでしょう。

取得した中古ドメインの良さを活かしつつも、サイト運営を軌道に乗せるために今後どのように展開していくか、WEBマーケティング戦略などさまざまな手法も駆使しながら、サイトを上手に育てていくことが大切です。

アクセス中古ドメインの詳細はこちら

お気軽にご相談ください

成果の出るホームページのご提案をさせていただきます。
集客や売り上げに直結するノウハウなどもございます。まずは一度お問い合わせください。

最新の制作実績

弊社サービス