06-6777-3688
BLOG

クラウドワークスとは?口コミや評判、手数料などを徹底調査。始め方も解説

最終更新日:2022年7月22日

telework

欧米諸国では副業をするのが当たり前、日本国内でも働き方改革が叫ばれるようになり、「副業したい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

会社員・フリーランサー・SOHO・副業など、ワーキングスタイルが多様化する中で、お仕事探しにピッタリなのがクラウドワークスです。

そこで、この記事では国内最大規模のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」のサービス内容・口コミ・手数料体系・始め方について詳しく解説するので、副業をお探しの方は必見です。

目次

クラウドワークスで副業を始める前に最低限理解すべき基礎知識

crowdworks

クラウドワークスで副業を始める前に、サービス内容と仕組み・企業概要について理解しておくと良いでしょう。

クラウドワークスとは?

クラウドワークスでは、WEBデザイン・ライティングなど多彩なジャンルのお仕事情報が取り扱われています。国内最大規模の人材マッチングプラットフォームとして、個人と企業がインターネット上で繋がり、仕事の受注・発注が可能です。

単なる求人サイトとは違い、個人が持つ能力・資格・スキルなどの持ち味をフルに活かせるよう、「誰ひとりとして取りこぼしのない世界へ」をモットーにして運営されています。

クラウドワークスは副業したい方に最適

クラウドワークスは、このような方に最適です。

  • ・副業を始めたい方
  • ・フリーランスの方
  • ・家事や子育てのスキマ時間に自宅で仕事を始めたい方

クラウドワークスの登録者数と利用企業数は?

usercompany

クラウドワークスの登録者数は2022年6月末時点で全国約480万人、政府や大手企業など利用企業数は78万社以上です。

クラウドワークスの運営企業の概要

企業名 株式会社クラウドワークス
所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー6F
※東京都品川区・大阪市・福岡市に営業拠点あり
設立年月 2011年11月
資本金 26億9,126万円 (2021年9月末時点)
事業内容 クラウドワークスなどインターネットサービス運営

クラウドワークスで取り扱われる案件のジャンル

200

クラウドワークスで取り扱われる仕事のジャンルは随時200種類以上、実務経験や資格などご自身の能力に応じて、案件に応募することができます。具体的には、下記のような案件が多数掲載されています。

  • ・ホームページの新規作成・リニューアル
  • ・YouTube動画の制作・編集作業
  • ・一般的な翻訳・専門性の深い翻訳
  • ・デザイン関係 (チラシ作成・ロゴデザイン・営業資料作成など)
  • ・コンテンツ系 (漫画・ライティング・声優・ナレーションなど)

この他には、在宅ワーク初心者向きの簡単なデータ入力・アンケート、アプリ開発・プログラミングなどのハイレベルな案件まで、多彩なジャンルの求人情報が掲載されています。

クラウドワークスの詳細はこちら

クラウドワークスの仕組み

日本国内で最大規模を誇るクラウドワークスは、どのような仕組みになっているのでしょうか。クラウドワークスをはじめとするクラウドソーシングサイトは、求人サイトとよく似ているようで、実は大きな違いがあります。

求人サイトの場合は、インターネット上で特定のジャンルの求人情報に応募するのが中心です。一方、クラウドワークスの場合は、発注者側の企業と受注者側がオンラインで繋がり、仕事の発注と受注の両方が可能です。

多彩な業種・職種の案件が取り扱われているのも、クラウドワークスの大きな特色です。クラウドワークスでは、会員登録した個人 (受注者) のことを独自の呼称で「クラウドワーカー」と言います。

パソコン・スマホ・タブレットなどの端末で安定した通信環境が整っていれば、24時間いつでも案件に応募可能です。また、発注者側の企業がクラウドワーカーに対して仕事のオファーを出すこともできます。

クラウドワークスのお仕事の受注形式

クラウドワークスでは発注する企業の都合や業務内容に応じて、下記の通り3つの案件のタイプに区分されます。

  • ・タスク形式
  • ・プロジェクト形式
  • ・コンペ形式

それでは、各形式の特徴の違いについて解説します。

タスク形式

タスク形式の「タスク」(task)とは、英語で「課された仕事・課題」といった意味があります。クラウドワークスに掲載された案件で「タスク方式」と表示された場合は、1つの大きな案件をこなすのに、不特定多数の受注者に依頼して、仕事を振り分けます。タスク形式は、データ入力・情報収集・アンケート・レビュー記事作成などの案件に適しています。

発注者側がタスク形式を採用することで、大量の仕事が短期間で完結できるのが大きなメリットです。タスク形式では比較的簡単な案件が多いので、在宅での仕事が初めての方や経験が浅い方に最適です。

プロジェクト形式

プロジェクト形式では1つの案件に応募して、採用されたら契約して仕事を進めるという流れになります。タスク形式の案件と比較すると、難易度がやや高い傾向にありますが、その分、報酬が高めに設定されるケースが多いです。

ある程度実務経験がある人やスキルが高い人は、プロジェクト形式の案件にチャレンジすると良いでしょう。

発注する企業側のメリットとして、ニーズに見合うスキルの高い人材を確保できて、お互いにより良い信頼関係を築くことができます。

コンペ形式

コンペとは英語で「competition」を省略した表現で、「競争・競技・競技会」といった意味があります。

クラウドワークスでコンペ形式が採用された場合は、1つの案件に多くの人が応募して、競い合いの結果、採用されることとなります。ロゴマークなどのデザイン系やキャッチコピーなどの案件でよく使われるのが、コンペ方式です。

発注する側の企業は、多くの応募者から寄せられた作品について、デザイン・色彩の使い方・センス・クオリティなど、多彩な観点から審査します。その中でもっとも優れた制作物を手掛けた人が採用されます。

わかりやすく言えば、多くの応募者から制作物について提案してもらい、その結果採用された場合のみ、報酬が支払われる仕組みです。

クラウドワークスの手数料体系は?

クラウドワークスでは、基本的に入会金・年会費は無料です。仕事を発注する側の企業は、原則としてシステム利用料や手数料は不要です。

受注者は、報酬を受取る際の銀行振込手数料とシステム利用料が発生します。

システムの利用手数料

報酬の金額に応じて、システム案件に利用料の負担割合が変化する仕組みです。なお、案件に応募した段階では、システム利用料は発生しません。

コンペ形式・プロジェクト形式

報酬額 システム利用料の負担割合
20万円超の部分 報酬額の5%
10万円超~20万円以下の部分 報酬額の10%
10万円以下の部分 報酬額の20%

タスク方式

タスク形式の場合は、報酬額の大小に関わらず、システム利用料は一律で20%となります。

報酬振り込みの手数料

クラウドワークスから報酬を受取る際には、銀行振込手数料が発生します。

  • ・楽天銀行の口座を指定する場合は1回の振り込みにつき100円(税込)
  • ・楽天銀行以外の口座を指定する場合は振り込み1回につき500円(税込)

クイック出金の手数料

クラウドワークスでは、報酬をスピーディーに受け取れるクイック出金という独自のシステムがあります。クイック出金を申請すると、報酬振り込み日が確定されていない分について、4営業日以内に受取ることができます。

ただし、クイック出金する場合は、出金額に対して5%の金額が手数料として発生します。これと合わせて、通常の銀行振込手数料も差し引かれる形になります。

クラウドワークスの手数料を節約するコツ

「クラウドワークスを利用すると手数料が高くなるのでは?」と不安に思うこともあるでしょう。そこで、クラウドワークスの手数料を節約するコツについてご紹介しましょう。

振込口座は楽天銀行を指定すること

楽天銀行に口座をお持ちでない方は、早速口座開設の手続きをしておくと良いでしょう。先にお伝えした通り、楽天銀行に口座を持っていれば、1回あたりの振込手数料が100円(税込)で済みます。他行だと1回につき500円(税込)の振込手数料が発生するので、もったいないですね。

クイック出金は極力使わないこと

クイック出金を利用すると振込手数料に加えて余分な手数料が発生するため、極力使わないのがベストです。

クラウドワークスの手数料を経費に計上

確定申告の際に年間所得を抑えるには、必要経費をできるだけ多額で計上するのが基本です。クラウドワークスで発生した手数料について、きちんと記録を残しておいて、仕事上で必要な経費として計上しておくと良いでしょう。

クラウドワークスでガッツリ稼ぐ

クラウドワークスで手数料を節約するには、仕事量を極力増やしてガッツリ稼ぐのが基本です。可能な限り多く稼いで、報酬の受取り回数を減らすことで、振込手数料の節約にも繋がります。

また、システム利用料の負担を極力抑えられるよう工夫しましょう。タスク形式の案件だと、報酬額の大小に関わらず、一律20%のシステム利用料がかかります。

ある程度の経験とスキルがある方は、プロジェクト形式やコンペ形式の案件にもチャレンジして、システム利用料を最低レベルの5%に抑えられるように工夫しましょう。

クラウドワークスの口コミ・評判は?

remote

日本国内最大規模のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」で副業を始める人も多いですが、人それぞれ価値観の違いがあり、良い評判もあればイマイチな口コミもあります。

クラウドワークスの良い口コミ・評判

副業が初めての人にも受注できる案件が多い

クラウドワークスは登録手続きが簡単で、副業が初めての人にも受注可能な案件が多いのが魅力です。未経験者でもデータ収集・データ入力・アンケート・ライティングなど、地道にコツコツ頑張っていれば、確かな実力を身につけることができます。

信頼性の高い企業が運営している

クラウドソーシング業界で大手の株式会社クラウドワークスが運営しており、「多くの大企業が登録しているので、信頼できる」という評価も多いです。

自分の得意分野やスキルを企業にアピールできる

クラウドワークスでは、単に求人情報を検索するだけではなく、自分の得意分野・スキル・資格などをプロフィール登録しておけば、多くの企業にアピールすることもできます。案件に応募するだけではなく、企業からのオファーを受けるチャンスもあります。

仕事の種類が豊富で検索がしやすい

クラウドワークスでは、多彩な業種・職種に対応していて、仕事のカテゴリ・種類も豊富です。細かい条件に絞り込んでスムーズに仕事探しができて検索しやすいです。

自分の能力に応じて案件が選べる

自分の能力や得意分野に応じて案件を選べるのがクラウドワークスの魅力です。ある程度実務経験がある人や、専門性の高い技術を身に付けた人向けの案件も多数掲載されていて、高額な報酬が得られるチャンスもあります。

スキルアップ支援とサポート体制が充実している

クラウドワークスに会員登録すると、会員限定の特典が受けられるのも魅力です。KIDSLINE(キッズライン)・わりかん保険などのライフサポートから、法律・税務に関する相談窓口も用意されていて、「無料で利用できてサポート体制も充実している」と好評を博しています。動画編集やライティングなどのスキルアップ支援体制も万全です。

クラウドワークスの詳細はこちら

クラウドワークスのイマイチな口コミ・評判

報酬が低い案件が多い

データ収集やアンケートなど、未経験者でも受注できる簡単な案件が多いのがクラウドワースの魅力ではありますが、このような案件だと報酬が低く設定されているのが難点です。

単価の低い案件に応募して採用されたとしても、作業に時間と労力がかかる割には思ったほどの報酬が得られにくいです。

高額な案件だと専門的な知識や技術力が必要

クラウドワークスでとは高額案件も多数掲載されていますが、専門的な知識や技術力が要求されます。最初から高望みしていきなり高額案件に応募すると、自分の能力が追いつかないので、まずはしっかりと経験を積んで実力を身に付けておくことが大切です。

応募者が多くて競争率が高い

クラウドワークスに掲載される案件は多いですが、登録者数も多く、条件の良い案件だと応募者が集中することもあります。そのため、「応募者が多くて競争率が高い。なかなか採用してもらえない」といった意見もよくあります。

手数料の負担が多い

「クラウドワークスはいつでも仕事探しができて便利だけど、手数料の負担が多い」という評価も多いです。プロジェクト形式・コンペ形式の場合は報酬額に対して5~20%の手数料が発生し、タスク形式の案件だと一律20%なので注意が必要です。

クラウドワークスの始め方

crowdworks_side business

クラウドワークスで副業を始めたい方は、早速会員登録の手続きを行うと良いでしょう。クラウドワークスで副業を始めるまでの手順は、下記の通りシンプルな3ステップです。

  • ・会員登録
  • ・プロフィール登録
  • ・報酬受取り用の銀行口座の登録

クラウドワークスに会員登録しよう

クラウドワークスで仕事を探して案件に応募するには、事前に会員登録の手続きが必須となります。クラウドワークスの公式サイトにアクセスして、「かんたん新規会員登録」のページに進みます。

メールアドレスを入力して間違いがないか確認したら、「会員登録する(無料)」のボタンを選択します。

クラウドワークスの事務局から登録したメールアドレスに確認用のメールが届いたら、URLをクリックしてIDとパスワードを入力します。

利用規約に同意して送信したら、会員登録の手続きは完了となります。ログインする時にIDとパスワードは必要になりますので、忘れないようきちんと管理しましょう。

自己プロフィールの登録

IDとパスワードの登録が完了したら、次に自己プロフィールを登録します。氏名や住所などの個人情報を入力して、職歴・実績・資格・得意分野など、できるだけ詳しく書きましょう。

自己プロフィールを詳しく書いておくことで、発注者側の企業からスカウトメールといった形で、仕事のオファーが来ることもあります。

なお、個人情報保護の観点からクラウドワークス上に氏名や住所を公開したくない場合は、「非公開」にチェックを入れておくのを忘れずに。

報酬受取り用の銀行口座を登録する

クラウドワークスでは、報酬受取り用の銀行口座の登録を行う必要があります。普段使っている銀行や信用金庫などの金融機関の口座を登録してももちろんOKですが、楽天銀行の口座を指定しておくと、1回あたりの振込手数料が100円(税込)で済みます。

報酬受取り用の銀行口座の登録手続きを行う際には、必ず本人名義の口座を登録します。基本的に日本国内の実店舗のある銀行・信用金庫などの金融機関や、ネットバンキングの口座のみ対応可能です。

海外に住んでいて日本国内の金融機関に口座を持っていない人は、クラウドワークスの公式サイトのお問い合わせフォームより相談しておくと良いでしょう。

口座を登録した後に他の金融機関に変更したい場合は、クラウドワークスの公式サイトにログインしてマイページに進みます。「プロフィール編集」から「振込先口座登録」を選択して新しい口座情報を入力します。「口座を登録する」または「口座を更新する」をクリックして、変更手続き完了となります。

クラウドワークスでお仕事を探す方法

クラウドワークスで会員登録・プロフィール登録・銀行口座手続きが完了したら、いよいよ本格的にお仕事探しです。

クラウドワークスの公式サイトから「仕事を探す」を選択すると、「仕事カテゴリ」が表示されます。「事務・カンタン作業」など初心者向けの案件から、デザイン・システム開発・動画制作など、ハイレベルな案件まで多数掲載されています。

この他には、依頼形式 (プロジェクト・コンペ・タスク)、スキル、特記事項 (急募・未経験可・継続依頼あり・カンタン)など、細かい条件に絞り込んで求人情報を効率良く検索することもできます。 クラウドワークスでの副業が初めての方や、ノンスキルの方はデータ入力やアンケートなどの簡単な案件からチャレンジしてみると良いでしょう。

クラウドワークスの詳細はこちら

クラウドワークスとは?口コミや評判、手数料などを徹底調査。始め方も解説 まとめ

今回の記事では、クラウドワークスの概要・口コミや評判・手数料体系・始め方について詳しく解説しました。冒頭でもお伝えした通り、クラウドワークスと言えば日本国内最大規模のクラウドソーシングサイトであり、幅広い年代・職種の方が登録しています。

クラウドワークスにはWEBデザイン・プログラミング・ライティングなど、多彩な業種の案件が掲載されていて、お仕事探しがスムーズです。

実際に仕事を受注して報酬を受取る際には、手数料が発生するのが難点ですが、この記事では手数料を最小限に抑える方法についても触れていますので、参考にしてみて下さい。クラウドワークスで副業を始める方や、仕事の幅を広げたい方に最適なサービスなので、賢く上手にご活用下さい。

クラウドワークスの詳細はこちら

お気軽にご相談ください

成果の出るホームページのご提案をさせていただきます。
集客や売り上げに直結するノウハウなどもございます。まずは一度お問い合わせください。

最新の制作実績

弊社サービス