06-6777-3688
BLOG

ECサイトとは?構築方法やサイト運営に必要な業務内容を紹介!

2020年8月12日

ECサイト

「WEB制作について調べていたらECサイトというフレーズをよく聞くけど、一体何なのだろうか」という疑問をあなたは持ってはいませんか?

特に、成り行きで会社のWEB担当になってしまった方は、ECサイトという言葉の意味がわからなくても聞くに聞けないという状況なのではないでしょうか。

そこで、本記事ではECサイトの概要や実際にECサイトを開設する5つの方法を、WEB制作に詳しくない人でもわかりやすいように解説をしていきます。

本記事を読めばECサイトに関する最低限の知識が身に着くので、ECサイトに少しでも興味のある方は、ぜひ最後までお読みください。

ECサイトとは何か

question

ECサイトとは、イーコマース(電子商取引)を行う全てのWebサイトの総称です。
ネットショップや、ネットオークションサイトと言えばわかりやすいでしょう。

実際、ECサイトという言葉は、ネットショップという意味合いで使われることが多いです。
なので、本記事では「ECサイト=ネットショップ」という定義で話を進めていきます。

ECサイトには、営業時間や休日の概念が一切ありません。
「いつでも・どこでも・誰とでも」取引を行い、利益を上げられます。

もちろん日本だけではなく、世界中の国や地域ともビジネスすることが可能なので、海外へ販路を拡大したい企業は、ぜひECサイトの構築を検討してみるといいでしょう。

日本のECサイトの現状

では、日本におけるEC市場の現状はどうなっているのでしょうか。
EC市場は近年急速に成長しており、今後も成長の流れは続くことが予想されています。

経済産業省によると、2019年度のB to C(Business to Customers)のEC市場規模は、19兆円を超えました。

分野別だと、物販系分野が半分以上を占めています。

しかし、デジタル分野の規模も年々拡大しており、特に有料動画配信の伸び率は去年に比べ約62%と、デジタル分野では1番の伸びを見せています。

おそらく2020年の調査では、EC市場規模は20兆円を超えるでしょう。
(参考:経済産業省HP 『電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました』より)

ECサイトの構築するための5つの方法

ECサイトの構築

本記事を読んでいる人の中には「ECサイトを構築してみたい」、「自社でもネットで商品を売りたい」と考えている人も少なくないでしょう。

ECサイトは個人でも簡単に始められる時代になりました。
中には、ほとんどお金をかけずにECサイトを構築できるサービスもあります。

では、どのようにして自分のECサイトを構築していくのでしょう。
ECサイトを構築する方法は主に5つあります。

ECサイトを構築する5つの方法
1.オープンソース
2.インスタントEC
3.モール
4.CMSパッケージ
5.フルスクラッチ

以上の5つを詳しく解説していきます。

ECサイトの構築方法1:オープンソース

ECサイトの構築方法1つ目は、「オープンソースを利用する方法」です。
オープンソースとは、インターネット上で無料公開されているソースコード(ホームページを作成するためのソフトウェア)のことです。

使用料はかからず、あらかじめ用意された機能やテンプレートをそのまま利用すれば、基本的にサーバー代とドメイン代だけで済みます。

ただし他のショップと差別化するには、オリジナル性のあるサイトを構築しなければなりません。
売れるECサイトを構築するには、ある程度のカスタマイズ費用が発生することを覚えておいてください。

代表的なオープンソースは、EC-CUBEWordPressなどです。

ECサイトの構築方法2:インスタントEC

ECサイトの構築方法2つ目は「インスタントECを利用する方法」です。
インスタントECとは、無料でECサイトを構築できるサービスです。
国内では、STORESBASEが最大のシェアを誇っています。

ショップの開店費用や月額使用料、手数料もかかりませんし、最短で導入した当日にECサイトを開設することができます。

ECサイトの構築方法3:モール型EC

ECサイトの構築方法3つ目は「モール型ECを利用する方法」です。
モールとは、Web上での仮想商店街のことです。

例えば、楽天市場Amazonが、モール型ECにあたります。
モール型ECには、数多くのショップが出店し、商品を販売しています。
集客力は、今回紹介する方法の中で一番大きいでしょう。

しかし、モール型ECショップに出店しているショップの数は膨大です。
商品をそれなりに打っていくには、他ショップとの激しい競争に勝つ必要があります。

ECサイトの構築方法4:CMSパッケージ

ECサイトの構築方法4つ目は「CMSパッケージを利用する方法」です。
CMSパッケージとは、「ECサイトを構築するためのパッケージソフト」のことで、各企業が販売しています。

他の構築方法と比べると、数十万円~数千万円と価格が高いため、大規模なECサイト向きだといえるでしょう。
代表的なものだと、「NOREN」「HeartCore」が有名です。

また、サポート体制が充実しており、アップデートやソフトウェアの管理はサービスを提供している企業が行います。
なので、サイト構築にあまり自信がない方でも大丈夫です。

サポートが得られる代わりに費用はかかりますが、あなたの希望する機能と仕様が合致していれば簡単にECサイトを構築できるので、時間がないけどクオリティの高いサイトを作りたい方におすすめです。

ECサイトの構築方法5:フルスクラッチ

ECサイトを構築する方法5つ目は「フルスクラッチ」という方法です。
ユーザー自らが、ゼロからECサイトを構築する方法を、フルスクラッチといいます。

プログラミング言語を使って、最初からすべてを構築するので、既存のソフトウェアやサービスは利用しません。

思い通りにカスタマイズはできますが、WEB制作に関する知識が非常に求められる上、膨大な開発期間と費用がかかるでしょう。

初めてECサイトを構築する方や、手っ取り早くECサイトを構築したい方には、あまりおすすめできません。

ECサイトの運営に必要な4つの業務

question

ECサイトの運営業務は大きく4つに分けられます。

*ECサイトの運営に必要な4つの業務
1.商品管理
2.サイト管理
3.サポート業務
4.売り上げ管理

以上の4つを、1つずつ解説していきます。

ECサイト運営の業務1:商品管理

ECサイト運営の業務1つ目は、「商品管理」です。
商品管理とは、商品の仕入れや在庫管理、データ管理などの業務のことをいいます。

迅速かつ効率的な出荷を行うために、在庫については過不足がないよう最適な量に調整することが問われてきます。

ECサイト運営の業務2:サイト管理

ECサイト運営の業務2つ目は、「サイト管理」です。
サイト管理とは、ECサイトへの商品登録や情報更新をはじめとしたサイト運営に関わる管理業務のことです。

また、アクセス解析やSEO対策といったマーケティングに関わる業務も含まれます。
サイト管理の仕事は、自社のECサイトの集客力を上げていくための業務ともいえるでしょう。

ECサイト運営の業務3:サポート業務

ECサイト運営の業務3つ目は、「サポート業務」です。
サポート業務とは、顧客からの問い合わせや相談、クレームなどに対応する業務のことです。

通常はメールか電話で対応します。
サポート業務は、お客様と直接やり取りをすることになるので、とても重要な仕事です。

複雑な商品を扱う場合には、担当者も商品に対して深い知識を持つ必要があります。

ECサイト運営の業務4:売り上げ管理

ECサイトの運営の業務4つ目は「売り上げ管理」です。
売り上げ管理とは、主に入金確認と販売情報管理のことです。

銀行振り込みの場合は銀行口座の照合、クレジットカードの場合は決済システムから入金を確認します。

販売情報管理は、ユーザーに商品を販売した際の情報を管理することです。
発送のために必要となる請求書を作成し、出荷の指示出しをします。

ECサイトの構築が不安なら、制作会社に任せるのもアリ

ECサイトの構築には制作会社を

WEB制作会社に任せるメリットは、なんといっても丁寧で迅速なプロの作業が期待できる点でしょう。
しっかりとしたノウハウを持っているプロが担当するので、あなたの思い通りのデザインや機能を容易に自社のECサイトに施すことができます。

また、ECサイトを運用する際に何か不具合が起きたら対処をお願いできるのも魅力の1つです。

デメリットは、やはり自社でECサイトを構築するよりお金がかかるという点です。
10万円程かかるケースもあれば、数百万かかるケースもあるので、自社の予算に合わせて考える必要があります。

制作会社を選ぶ際は、アフターケアやセキュリティ対策をしっかり行っている会社へ依頼しましょう。
初期費用が安いからといって、アフターサービスが手厚くない会社を選ぶと、修正時やセキュリティ対策をするときに余計な費用がかかり、後々大変になる可能性が高いです。

なので、いくつかの制作会社へ問い合わせて、サービスを比較してみてください。

ECサイトを構築するなら、まず自分に合った方法を見つけよう

本記事では、WEB制作初心者なら知っておきたい、ECサイトの基本的な知識について紹介しました。
ECサイトは、簡単に説明すると、ネットショップのことです。

そして、ECサイトを構築するには、まずECサイトを構築すための5つの方法を覚えておきましょう

1.オープンソース
2.インスタントEC
3.モール型EC
4.CMSパッケージ
5.フルスクラッチ

 

ECサイトを自分で構築するときは、予算とデザイン性・利便性のバランスを考えながら自社に合った構築方法を選んでください。

 

また、株式会社ファーストネットジャパンでは、1998年の創業から培ってきた知見・経験を基に、良質かつユーザー第一のWEBサイトを制作しております。
弊社は、コーポレートサイト・採用サイト・ECサイト・LPサイトなど、様々なWEBサイトの制作に対応しておりますので、まずはお気軽にお問合せください。

お見積り、外注のご相談はこちらをクリック

 

お気軽にご相談ください

成果の出るホームページのご提案をさせていただきます。
集客や売り上げに直結するノウハウなどもございます。まずは一度お問い合わせください。

最新の制作実績

弊社サービス