「ConoHa WING」ワードプレスでブログの始め方を解説

ConoHa WING

「ワードプレスでブログを始めたいけれど、インストールや設定が難しそう」「ワードプレスのブログを運営するのに、安い料金で利用できるレンタルサーバーが見つからなくて困っている」といった悩みを抱えてはいませんか?

ConoHa WINGのレンタルサーバーならワードプレスのインストールも簡単、高速通信でセキュリティも万全、リーズナブルな料金体系で利用できます。

そこで、この記事では「ConoHa WINGにワードプレスをインストールしてブログを始める方法」というテーマで解説します。ConoHa WINGでワードプレスを導入するメリットも解説していますので、ぜひ最後までお読み下さい。

ConoHa WINGの概要

wordpress

ConoHa WINGとは?

ConoHa WING (コノハウイング) とは、東京都渋谷区に本拠地を置くGMO株式会社から提供されたレンタルサーバーのサービスです。高い機能性を発揮し、シンプルで操作がしやすいのがConoHa WINGならではの魅力です。

ユーザーの間では「日本国内で最速のレンタルサーバー」とも称賛されており、大規模なホームページや動画が盛り込まれたサイトを閲覧するにも、ストレスフリーな環境で快適に閲覧できるのが大きなメリットです。

高速性・高機能、そして高い安定性を発揮できるのがConoHa WINGの最大の魅力と言えるでしょう。

ConoHa WINGの運営企業

企業名 GMOインターネット株式会社
所在地 〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー4~14F (総合受付11F)
※東京都渋谷区にグループ第2本社・宮城県仙台市・大阪府大阪市・福岡県北九州市・
宮崎県宮崎市にも拠点あり
設立年月 1991年5月 
資本金 50億円 (2022年6月末時点) 
事業内容 インターネットインフラ事業・インターネット広告・メディア事業
従業員数 7,042名 (2022年3月末時点・グルーブ会社との合計数)

料金体系

項目 / プラン ベーシック スタンダード プレミアム
初期費用 無料  無料  無料 
月額費用
(12ヶ月契約)
872円(税込)  2,145円(税込)  4,290円(税込) 
最低利用期間 なし  なし  なし 
ディスク(SSD) 300GB  400GB  500GB 
MySQL
データベース数
無制限  無制限  無制限 
データベース容量 5.0GB / 個  5.0GB / 個  5.0GB / 個 
転送量の目安 無制限  無制限  無制限 
ドメイン数 無制限  無制限  無制限 
メモリ 8GB  12GB  16GB 
vCPU 6コア  8コア  10コア 
備考 ・メールアドレス数は無制限
・自動バックアップ機能は標準搭載
(メール・データベース・ホームページのデータを1日1回バックアップ)
・無料独自SSL機能の利用可能 (Let’s EncryptのSSL証明書)
・どのプランを選択してもプラン変更はいつでも自由  

※上記の料金体系は、「WINGパック」12ヶ月契約の月額料金です。(この他にも3ヶ月・6ヶ月・24ヶ月・36ヶ月の契約パターンがあります。)

ConoHa WINGの詳細はこちら

支払い方法は?

ConoHa WINGのレンタルサーバーの料金支払い方法は、下記の通り3つの方法が用意されています。

  • クレジットカード
  • ConoHaチャージ
  • ConoHaカード

クレジットカードによる支払い

ConoHa WINGのレンタルサーバー料金の支払いに対応可能なクレジットカードは、VISA・Mastercard・JCB・AMERICAN EXPRESS・Diners Clubの5種類の中から選べます。クレジットカードによる支払いの場合は手数料無料で、毎月月末締め・毎月の月初めの時期に請求されます。

ConoHaチャージ

ConoHaチャージでは、事前にチャージの分を入金するプリペイド方式が採用されています。クレジットカード決済・Amazon Pay・ペイジーによる銀行決済・コンビニ払い・Paypal・Alipayに対応可能です。

ConoHaチャージでは基本的に支払い手数料は無料ですが、銀行決済 (ペイジー) またはコンビニ支払いの場合のみ、1件につき150円の手数料が発生します。

ConoHaカード

ConoHaカードとは、日本国内のクラウド・ホスティングサービスにおいて、初のプリペイドカードで、ConoHaの公式サイトやAmazonのサイトから購入可能です。ConoHaカードでの支払いの場合は、手数料無料です。

ConoHa WINGの詳細はこちら

ConoHa WINGでワードプレスを導入する7つのメリット

ConoHa WING

ConoHa WINGのレンタルサーバーを契約して、ワードプレスでブログを始める人が増えています。そこで、ConoHa WINGでワードプレスを導入する7つのメリットについて、詳しく解説します。

初期費用無料・最低利用期間の縛りなし

ConoHa WINGには多彩なプランが用意されており、ニーズに見合うプランを自由に選択できます。しかも、初期費用は無料、最低利用期間の縛りもなく、無駄な出費を抑え、安心の低コストでワードプレスのブログを立ち上げることができます。

「ワードプレスかんたん移行」機能付き

他社のレンタルサーバーを使っていてConoHa WINGに乗り換える場合、これまで運営していたワードプレスのブログやホームページを移行する作業が大変で、お困りの方も多いことでしょう。

そのような時にぜひ活用したいのが、ConoHa WING独自の「ワードプレスかんたん移行」機能です。他社のレンタルサーバーで運営しているワードプレスのブログやホームページをConoHa WING専用の管理画面から簡単な操作で、スムーズに移行することが可能です。

「WINGパック」なら独自ドメイン2つ永久無料

ConoHa WINGの「WINGパック」を契約する場合は、独自ドメインが最大2つまで無料で利用できます。好きなドメインを任意に選択して、レンタルサーバーとセットですぐに利用可能です。独自ドメインの料金は、レンタルサーバーの利用料金に含まれているので、追加費用が発生することもありません。

セキュリティ対策が万全

ワードプレスのブログを立ち上げて安全な運営を続けていくには、セキュリティ対策が必要不可欠となります。

ConoHa WINGではワードプレスのセキュリティ対策を強化しており、ログイン制限・コメント制限・海外アクセス制限などの機能が搭載されています。管理画面から簡単な設定で、これらの機能を有効化することができます。

さらに、ConoHa WING独自のセキュリティ対策として、無料のSSL機能が備わっています。管理画面からSSL機能の設定を「利用する」に設定しておけば、すぐに有効化されます。

ワードプレスの高速処理を実現化

「ワードプレスで大規模なホームページを運営したい」「ワードプレスのブログに画像や動画を盛り込みたい」という場合、高速処理の対応が可能なレンタルサーバーが必須となります。

ConoHa WINGのレンタルサーバーには、PHP実行環境としてLiteSpeed LSAPIが導入されています。処理速度は従来のFastCGIよりも20%速くなり、ワードプレスで作成されたブログやホームページを超高速で快適に閲覧することができます。

さらに、ConoHa WING独自のコンテンツキャッシュ機能により、動作がよりスムーズになります。

ワードプレスをはじめとするWEBシステム向けの高速化エンジンであるWEXALも導入されていて、サイト表示がよりスムーズになっています。

初めての方でも簡単にホームページやブログを開設できる

「ワードプレスを導入するのは難しい」という先入観をお持ちの方も多いようです。しかし、ConoHa WINGならそのような心配は無用、プログラミングに関する知識は一切不要です。

ConoHa WING独自の「WeordPressかんたんセットアップ」機能を活用すれば、初めての方にもシンプルな操作でワードプレスのブログをすぐに開設できます。

ワードプレスで人気のテーマがお得な価格で利用できる (WINGパック)

ConoHa WINGで「WINGパック」を契約した場合、ワードプレスで人気のテーマが割引価格で購入できます。SEO対策に特化したテーマが通常料金よりも安い価格で利用できるのも、ConoHa WINGならではの魅力と言えるでしょう。

Cocoon (コクーン)

Cocoon (コクーン) は、ワードプレスのビギナーに人気の高い無料のテーマです。ワードプレスで初めてブログを開設する方にも、直感的な操作で使いやすく、SEO対策やモバイルフレンドリーに最適化されています。

SANGO (サンゴ)

ConoHa WINGの「WINGパック」でSANGO (サンゴ) のテーマを利用する場合、通常料金14,800円(税込)が14,000円(税込)となります。 レスポンシブ対応でテンプレートの種類も豊富、クリック率計測やABテストなどの機能も充実しています。 ブログでの運用はもちろん、コーポレートサイトやアフィリエイト関係のサイトにも最適です。

JIN (ジン)

JIN (ジン)は、使い心地の良さにとことんこだわり抜いたワードプレスのテーマです。ConoHa WINGの「WINGパック」を契約してJINのテーマを導入する場合、通常料金 14,800円(税込)が14,250円(税込)となります。

アフィリエイターが開発したテーマで、複雑な設定やカスタマイズを行う必要もなく、簡単な操作で自分好みのデザイン・レイアウトに仕上げることができます。

解説ボックス・会話の吹き出し・比較表など、記事作成で手軽に使える装飾パターンの種類が豊富です。

THE SONIC(ザ・ソニック)

THE SONIC(ザ・ソニック)は、「収益の向上」に特化したワードプレスのテーマです。THE SONICの通常料金 (年払い)は8,580円(税込)ですが、ConoHa WINGの「WINGパック」を利用する場合は、6,578円(税込) / 年に割引されるので大変お得です。

記事の書きやすさと収益化を追求したテーマであるため、ワードプレスのブログからお役立ち情報を発信したい方、アフィリエイトを始めたい方に最適です。

ConoHa WINGにワードプレスをインストールしてブログを始める方法

step

さきほどもお伝えした通り、ConoHa WINGのレンタルサーバーは、ワードプレスのブログやホームページ制作に最適です。

そこで、ConoHa WINGにワードプレスをインストールして、ブログを始める方法について解説します。

「ワードプレスかんたんセットアップ」機能を使えば、ブログの開設が初めての方やプログラミングに知識のない方でも、スピーディーに手続きが完了します。

ConoHa WINGのレンタルサーバーの申し込みからワードプレスのブログを始めるまでのおおまかな流れは、下記の通りシンプルな6ステップです。

  • ConoHa WINGのレンタルサーバーを契約する
  • 「ワードプレスかんたんセットアップ」の作業を行う
  • 個人情報と支払い方法の入力
  • ワードプレスのブログ運営に必要な情報を入力・初期設定
  • ワードプレスのテーマを導入する (ConoHa WINGの特典を利用しない場合)
  • ブログ運営に必要なWEBマーケティングを実施する (SEO対策・アクセス解析など)

レンタルサーバーを契約する

ConoHa WINGの公式サイトにアグセスしたら、3つのプラン (ベーシック・スタンダード・プレミアム) の中から希望のプランを選び、「お申し込み」ボタンをクリックします。

次にサインアップの画面に進みます。ConoHa WINGを初めて利用する方は、メールアドレスとパスワードを入力して、アカウント登録を行います。

(すでにConoHa専用のアカウントをお持ちの方は、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。)

料金タイプ選択 (WINGパック・通常料金)の画面が表示されたら、WINGパックを選択して希望のプラン・契約期間を選択して初期ドメインを入力します。

「ワードプレスかんたんセットアップ」の作業を行う

ここまで作業が進んだら、「ワードプレスかんたんセットアップ」の作業を行います。

「ワードプレスかんたんセットアップ」の項目から「利用する」を選択します。「セットアップ方法」は、「新規インストール」を選択、ご希望の独自ドメインを入力したら「検索」ボタンをクリックして、取得の可否について要確認です。

作成サイト名(ブログのタイトル)、ワードプレスユーザー名 (ブログの管理者の名前)・ワードプレスのログインとパスワードを入力します。

ワードプレスのログインとパスワードを入力したら、忘れないように記録して管理しましょう。

ワードプレスのテーマを導入する (有料テーマの割引特典を利用する場合)

ConoHa WINGでは無料テーマのCocoon、有料テーマのSANGO・JIN・THE SONICの自動インストールが可能です。

【注意】なお、有料テーマの割引特典はこの時点での申し込みが必須となりますので、ご注意下さい。

これらのテーマを導入する場合は、ワードプレスかんたんセットアップの設定の際に「ワードプレステーマ」の項目からご希望のテーマを選択します。希望のプラン・ワードプレスのテーマ・プラン・契約期間の内容を確認して、間違いがなければ次に進みます。

ただし、上記以外のワードプレスのテーマを導入する場合は、ワードプレスを設置した後のタイミングで構いません。

個人情報と支払い方法の入力

「お客様情報入力」の画面上で、種別・氏名・性別・生年月日・国・住所 (郵便番号・都道府県・市区・町村・番号・建物名など)・電話番号を入力、または該当する項目を選択します。

入力・選択した内容に間違いがないか確認して次に進み、本人確認の手続きとしてSMS認証、または電話番号による認証のどちらかを選択します。

次に、レンタルサーバー料金の支払い方法を入力します。クレジットカードによる支払いを選択した場合は、下記の4つの必須項目を入力します。

  • レンタルサーバー契約者の名前
  • カード番号(カード表面に表示された16桁の番号)
  • 有効期限 (カード表面に表示) 【表示例】「05’24 」→ 2024年5月まで有効
  • セキュリティコード (カード裏面の氏名欄に印字された下3桁の番号)
    【表示例】「1234 567」 → セキュリティコードは「567」

入力・選択した内容を確認して「お申し込み」ボタンをクリックすれば、レンタルサーバー契約と「ワードプレスかんたんセットアップ」の申し込み手続き完了となります。

ワードプレスのブログ運営に必要な情報を入力・初期設定

申し込み手続きが完了したら、ワードプレスのブログ運営に必要な情報を入力して初期設定を行います。

申し込み完了後、サイトURL・管理画面のURL・データベースに関する情報 (ユーザー名・パスワード・データベース名)が画面に表示されなら、必ずメモしておきましょう。または、表示された内容を画像として保存しておくと良いでしょう。

【注意】データベースに関する情報は後で確認できないため、忘れないように必ず保存しましょう。

ワードプレスの管理画面のURLにアクセスしてログインすると、ダッシュボードの画面が表示されます。ワードプレスのブログを運営するのに、必要な初期設定を行います。

「設定」から「一般設定」の画面が表示されます。サイトタイトル・キャッチフレーズ・ワードプレスアドレス・サイトアドレス (ブログ表示のURL) ・管理者メールアドレスなどの項目を入力して、内容に間違いがないことを確認したら「変更を保存」ボタンをクリックします。

パーマリンクの設定やプロフィール設定を行い、初期設定完了となります。

ワードプレスのテーマを導入する (特典を利用しない場合)

レンタルサーバー申し込みの際にワードプレスのテーマを選択していなかった場合は、このタイミングでテーマや必要なプラグインをインストールしておくと良いでしょう。

SEO対策・アクセス解析ツールの導入

SEO対策向けの無料のプラグインを活用する

ワードプレスの初期設定が完了したところで、WEBマーケティングの一環としてSEO対策を行いましょう。

ワードプレスのブログを開設する際には、SEO対策向けの無料のプラグインをインストールしておくと良いでしょう。

ワードプレスのブログ運営でもっともポピュラーなSEO対策用のプラグインと言えば、「All in One SEO」です。ワードプレスで初めてブログを開設する方や、SEO対策にまったく知識のない方でも、シンプルな操作で使いやすいです。

アクセス解析ツールを導入する

ブログの開設と同時に、アクセス解析ツールを導入しておくと良いでしょう。アクセス解析ツールを導入することによって、ブログの訪問者 (ユーザー) のアクセス状況や特性、行動の特徴などを把握することができます。

ユーザーの滞在時間やどのページを閲覧したのか、直帰率・回遊率・離脱率など、これらのデータを可視化することによって、コンバージョン率 (CVR) の改善にも繋がります。

Google社からGoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールが無料で提供されているので、上手に活用すると良いでしょう。ブログ公開後は定期的にアクセス解析を行い、アクセス数を増やせるように適宜改善しましょう。

「ConoHa WING」ワードプレスでブログの始め方を解説 まとめ

今回の記事では、「ConoHa WING」ワードプレスでブログの始め方を解説」というテーマでお伝えしました。ConoHa WINGなら、「ワードプレスかんたんセットアップ」機能が搭載されているので、今すぐにでもブログを始めたい方に最適です。

サイトの表示速度も速く、セキュリティ対策が万全なので安心してブログの運営を続けられます。

また、他社のレンタルサーバーからConoHa WINGに乗り換える場合でも、ワードプレスのブログやホームヘージを移行できる「ワードプレスかんたん移行」を無料で利用できるので、プログラミングなどの難しい知識は不要です。

SNAGOやJINなど、ワードプレスで人気の有料テーマがお得な割引価格で利用できるのもConoHa WINGならでの魅力なので、この機会にぜひ活用してはいかがでしょうか。

ConoHa WINGの詳細はこちら

その他のレンタルサーバー関連の記事もぜひ参考にしてみてください。
エックスサーバーの評判・口コミを徹底調査!
ロリポップ・レンタルサーバーの評判やメリット・デメリットを調査
さくらインターネットの評判や口コミ、メリット・デメリット
カゴヤレンタルサーバーの評判は?料金や機能など徹底解説!