Webデザインスクールは無駄で意味ない?失敗する理由やWebデザイナーの転職について解説

近年需要が増えているWebデザイナーは、転職先に選ばれることが多くあります。その理由は、独学で学べるためです。

このことから「高い料金を払ってWebデザインスクールに通うのは無駄」という声がありますが、本当に無駄なのでしょうか。

そこで今回の記事では、Webデザインスクールについて紹介します。

知っていただける内容は、無駄と言われる理由や失敗する理由、Webデザイナーの転職についてです。

Webデザイナーの転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

Webデザインとは?

Webデザインとは、Web上に表示されるページの見栄えを整える仕事です。

具体例をあげると、ランディングページのデザインの制作やWebサイトのコーディングなどがあり、これらの制作ができるようになるためには知識の習得が必要です。

これらの知識を習得するには、学校に通うか独学で学ぶかを自身で選択できます。

また、Webデザインの仕事は主にPCを使うため、勉強だけではなく仕事も自宅で進めることが可能です。

このように自身である程度勉強ができて働き方にも自由が利きやすいことから、Webデザインの仕事は近年人気のある職業とされています。

Webデザイナーになるには?

Webデザインを職業とする人のことを「Webデザイナー」と呼びます。

Webデザイナーになるためには、Webデザインスクールに通うか独学で知識を習得します。

学校は通学制と通信制があるため、自分にあった方法で受講できるのが特徴です。

また、独学はある程度Web制作について知識のある方が、自分でソフトウェアや書籍を購入して学べます。

このようにWebデザイナーは、自分にあった方法で学ぶことが可能です。

Webデザインスクールとは?

Webデザインスクールとは、Webデザインについて学ぶ学校のことで、初心者でも体系的に学ぶことができ就職や転職への近道になります。

Webデザインスクールの中には就職支援付きの学校もあるので、就職率を上げたい方は入学前に確認しておきましょう。

他にも通学生や通信制などさまざまな種類の学校があるため、比較して選ぶことをおすすめします。

選び方はホームページやオープンキャンパス、説明会などで学校の特徴を知ることが可能です。

Webデザインスクールが無駄と言われる理由は?

Webデザインスクールが「無駄」と言われる理由について紹介します。

独学でも勉強できる

Webデザインは書籍やオンラインサービスなどを使って独学で勉強できるため、学校に通うことは「無駄」と言われています。

現在活躍しているWebデザイナーの中にも独学で学んだ方が多くいるため、Webデザインスクールに通わずに同じように独学で学ぼうと思う方が多くいるそうです。

また、ある程度Web制作の知識のある方は独学で学びながら、Webデザインの仕事を受注している方もいます。

このように勉強も仕事も自宅でできるため、学校には通わずに独学で学ぶ方は少なくありません。

就職できるとも限らない

Webデザインスクールを卒業しても実務は未経験のため、絶対に就職できるという保証はありません。

そのため、就職率を上げたいのであれば就職支援に力を入れていたり、就職率の高い学校を選んだりする必要があります。

また、先に副業で実務を積んで、効率よく経験と学習を進めるといった行動も必要かもしれません。

Webデザインスクールの評判や実績など、詳細を事前に確認して、どの学校に入学するのか選択する必要があります。

料金が高い

Webデザインスクールの授業料の相場は10~40万円で、追加料金が発生すると料金は異なります。

反対に独学で勉強した場合はソフトウェアや書籍代だけなので、比較するとWebデザインスクールは料金が高く感じてしまうでしょう。

「それならば独学で勉強して、できなければWebデザインスクールを検討しよう」というように、二の次に考えられることは多くあります。

Webデザインスクールは手軽に通えますが、授業料は決して安いとはいえません。

「通う目的はあるのか」「支払えるかどうか」など吟味したうえで、入学を決めることをおすすめします。

Webデザインスクールに通って失敗する理由は?

Webデザインスクールに通って失敗する理由について紹介します。

想像と違った

Webデザインについて実際に勉強してみると「想像と違った」ということがあります。

「もっと自分の好きなようにできると思っていた」「こんなにコツコツとした作業ばかりだと思わなかった」など、それぞれ感じられるのではないでしょうか。

特に未経験の方は、このような感情に陥りやすいかもしれません。

Webデザインスクールに通って「想像と違った」と思わないよう、事前に予習したり深く調べてみたりすることが大切です。

本業との両立が難しかった

Webデザインを始める方の中には、本業をしている方が多くいます。

そのため、Webデザインスクールで勉強するには本業の合間を縫って通わなければなりません。

Webデザインスクールに通う時間と、課題や自宅学習の時間など多くの時間を費やすことになるため、ハードスケジュールになります。

本業をされている方でWebデザインスクールの受講を検討している方は、事前に授業内容やスケジュールを確認して本当に両立できるのか把握しておきましょう。

Webデザインスクールは意味がないのか?

この章では、Webデザインスクールの意味について紹介します。

人によっては意味がある

Webデザインは独学で学べますが、Web制作の知識が無い方には難しいでしょう。

そのような方には、体系的に学べるWebデザインスクールはおすすめです。

基礎から学べて不明点があればすぐに講師へ確認できるので、分からないことをそのままにせずに学べます。

あらゆるサポートを受けながら、知識を習得できるのが特徴です。

Webデザインスクールのメリットは?

Webデザインスクールのメリットを紹介します。

実践的なスキルを習得できる

Webデザインを学ぶ際に知識を習得することは大切ですが、知識を生かして実際に制作できるかも重要になります。

Webデザインスクールでは、実践的なスキルの習得が可能です。

例えば、HTMLやCSSの知識を使ったWebサイトの制作や、ソフトを使った画像加工などです。

これらの知識を活かして制作して、できていなければすぐに講師に相談できるので安心です。

上記から実践的なスキルの習得は、Webデザインスクールが効率的に学べるでしょう。

効率よく学べる

Webデザインスクールでは実践的な学習ができたり、不明点を講師に確認できたりと効率的に学べます。

独学の場合「本当に理解できているのか」「学び方に間違いはないか」など探りながら学ぶことになりやすいですが、Webデザインスクールではそのような心配はなく安心して学べるでしょう。

また、授業は事前に決められていることが多いため、計画が立てやすく効率よく学べます。

未経験者は勉強の進め方や押さえるポイントがわからないため、Webデザインスクールに通うことで効率的に勉強を進められるでしょう。

転職や独立のサポートがある

Webデザインスクールの中には就職や転職、独立などのサポート付きの学校があります。

サポートを受けると就職や転職に有利になったり、スムーズに独立できたりするのが特徴です。

サポート内容は学校によってさまざまですが、専任カウンセラーによる相談や履歴書の添削、面接対策などがあります。

一人で進めるよりも効率的に活動ができるので、就職・転職・独立の成功率を高めたい方はサポートのあるWebデザインスクールを選びましょう。

同期から刺激をもらえる

通学制のWebデザインスクールに通うと同期ができるので、一緒に学習や制作をする中で情報交換ができたり刺激をもらえたりするでしょう。

刺激を与えてくれる同期と出会えることは、想像以上に自分の背中を押してくれるので、やる気や向上心につながります。

勉強自体は自分でやる必要がありますが、同じように努力している同期の存在は大きいでしょう。

反対に独学の場合は同じ境遇の仲間を見つけない限り、自分でやる気を奮い立たせなければなりません。

特典をもらえる場合がある

Webデザインスクールは、学校によって特典をもらえることがあります。

例えば、割引クーポンや初月無料特典、ソフトウェアの割引などです。

このような特典を目的にWebデザインスクールを選ぶ方は少ないと思いますが、特典があることでお得に授業が受けられます。

いくつかの学校で悩まれているのであれば、特典を検討材料の一つにするのもよいでしょう。

それぞれのWebデザインスクールのホームページを見ると、特典の有無や内容を確認できます。

Webデザインスクールのデメリットは?

Webデザインスクールのデメリットについて紹介します。

最低限のスキルしか身につかない

Webデザインスクールはあくまで基本を学ぶ場なので、最低限のスキルを身につけることになります。

そのため基礎の応用や実践はあったとしても、実務は経験できません。

実務経験を重ねたいのであれば学習と並行して働く必要がありますが、本業をしている方はそのような時間の使い方は難しいでしょう。

このような理由からWebデザインスクールに通わずに、実務を行いながら学習する方が多くいます。

授業や課題に時間を費やすことになる

Webデザインスクールでは授業や課題、他にも予習・復習などに時間を費やすことになります。

そのため自分の時間の確保が難しく、1日のスケジュールがタイトに感じられるかもしれません。

特に本業をされている方は時間の管理が重要で、学校に通う前に実際に通えるのか確認する必要があります。

あまりにハードスケジュールでは両立が難しく、納得いく学習ができないかもしれません。

それでは通った意味がないので、独学で自分のペースで学習した方がよいでしょう。

Webデザインスクールが向いている人は?

Webデザインスクールが向いている人について紹介します。

独学が苦手

Webデザインスクールは計画的に授業が進められるため、独学が苦手な方におすすめです。

強制的に勉強できるため後回しにしたり、さぼったりすることはできません。

また、同期や講師など第三者の目があることで、だらけることもないでしょう。

一人では自己管理が難しい方は、学校に通って強制的に勉強できる環境作りをおすすめします。

一人ではやる気の維持が難しいことがあるので、そのような場合は他の人と学ぶことがおすすめです。

体系的に学びたい

Webデザインスクールは基礎から実践までを学べるため、体系的に学びたい方におすすめです。

未経験者の場合、独学ではどこまで学習すればよいのか迷うこともあるでしょう。

しかし、学校では講師がポイントを押さえながら教えてくれるので、迷いながら勉強を進める心配はありません。

効率的に基礎や実践を学べるので、未経験者にはWebデザインスクールはおすすめです。

反対にある程度Webデザインについて理解されている方は、独学で進める方が効率的に学べるでしょう。

スクールの必要性を理解している

Webデザインスクールの必要性を理解している方は、学校で意味のある学習ができます。

例えば体系的に学べて、学校によっては就職・転職サポートを受けることが可能です。

反対に学費が高かったり、両立が難しかったりというデメリットもあります。

このようなメリット・デメリットの両方を知ったうえで学校を選ぶと、失敗する可能性は少ないでしょう。

Webデザインスクールの入学を決めるときは「どのように学びたいのか」「どのようなサポートが必要なのか」など、自身の目的を明確にして決める必要があります。

独学が向いている人は?

独学が向いている人について紹介します。

求められているスキルがわかっている

Webデザインにおいて、求められているスキルが分かっている方は独学が向いています。

具体例は以下のとおりです。

  • Webデザインの知識
  • デザインツールのスキル
  • コーディングやプログラミングのスキル
  • Webマーケティングのスキル

何が必要なのかわからない状態で勉強を進めるのは困難ですが、求められているスキルを理解しているとスムーズに勉強を進められます。

ある程度Webデザインの知識がある方は、学校での授業が同じことの繰り返しになるかもしれません。

Webデザインスクールを無駄にしないためには?

Webデザインスクールを無駄にしない方法を紹介します。

通う目的を明確にしておく

さまざまなWebデザインスクールがあり選択肢が広い分、どの学校に通うか悩むかと思いますが、Webデザインスクールに通う目的を明確にしておくと、自分にあった学校を選べる可能性があります。

目的を明確にしていないと「想像と違った」という状況になりかねませんので、学校を決める前に自身の目的を明確にしなければなりません。

目的を明確にするには「どのように学びたいのか」「どのようなサポートを受けたいのか」などを考えることがおすすめです。

それでも決められない場合は授業・サポート内容や評判の比較、現在Webデザイナーとして活躍されている方の話を聞いてみましょう。

慎重にスクールを選ぶ

Webデザインスクールは学校によって授業内容やサポートが異なるため、慎重に選択しないと失敗する恐れがあります。

「学びたいことが学べなかった」「就職や転職、独立のサポートが薄かった」ということになりかねませんので、自宅からの距離や料金などだけで選ぶのは避けましょう。

通いやすさや料金の安さなども重要ですが、それだけで決めてしまうと入学してから後悔する恐れがあります。

そうならないためには、いくつかの学校の授業・サポート内容や評判を比較して選択しましょう。

無料のカウンセリング・体験を受講する

Webデザインスクールは入学前に、無料のカウンセリングや体験を受講できる学校があります。

無料のカウンセリングを受けることで、自身の目的と学校があっているのか把握することが可能です。

また、無料体験をすることでどのような学校は肌で感じられます。

実際に聞いたり体験したりしなければ見えてこないことは多くあるので、積極的に受講してみましょう。

Webデザインスクールの中にはオープンキャンパスを実施している学校もあるので、開催されている場合は参加をおすすめします。

通える時間とお金を把握しておく

Webデザインスクールの入学を検討している方は、通える時間とお金を事前に把握しておきましょう。

なぜなら入学後、想像以上に時間やお金がかかると受講途中で通えなくなる恐れがあるためです。

このようなことにならないよう、事前に確認と計画を立てておく必要があります。

ただし、予定通り進まなかったり追加で料金が発生する場合もあったりするので、余裕を持って計画を立てましょう。

資料だけの確認で不安な方は、無料カウンセリングや説明会などを利用して相談するのがおすすめです。

Webデザインの基本は予習しておく

Webデザインスクールに入学前に、Webデザインの基本は予習しておきましょう。

なぜなら、予習しておけば授業についていくことができ、授業で習ったことが頭に入ってきやすいためです。

予習なしで授業に挑むと特に未経験者は、授業についていくのに必死で習得するのに時間がかかってしまいます。

また、予習だけではなく授業の後は復習もすると、しっかりと知識を身につけられて効率的な学習が可能です。

他にも、入学前にWebデザインについて少し学習しておくと「想像と違った」という状況に陥りにくくなります。

受講期間中は集中して学ぶ

手を抜いたり適当に授業を受けたりすると、Webデザインスクールに入学した意味がないので受講期間中は集中して学びましょう。

適当に授業を受けて理解できるほどWebデザインは簡単ではないので、知識や技術をしっかりと身につける気持ちで学ぶことをおすすめします。

ただし、時にはやる気の出ないこともあるかと思うので、そのようなときは同期と励まし合いながら学びましょう。

このようなことができるのは、Webデザインスクールだからこそできることで独学ではできないことです。

安さや近さだけで選ばない

安さや近さだけでWebデザインスクールを選ぶと、失敗する恐れがあります。

なぜなら学校によって特徴が異なるため、内容を吟味して選ばなければ「学びたいことが学べない」可能性があるためです。

そのため内容を吟味したうえで、安さや近さなど考える必要があります。

ただし、あまりにも高額すぎたり遠すぎたりすると通うのが困難なので、バランスも考えながら選択する必要もあります。

第一に優先することは内容ですが、その次に料金や距離を考えるとよいでしょう。

転職に強いおすすめのWebデザインスクールの選び方は?

転職に強いおすすめのWebデザインスクールの選び方を紹介します。

転職に必要なスキルが身につくか

転職に必要なスキルは「Photoshop」「Illustrator」など画像編集ソフトや、HTMLやCSSなどを使ったコーディングを問題なく使用できることです。

現場で即戦力になるように、基本以上の操作ができるとよりよいでしょう。

そのためには、授業と自身の勉強でそのレベルまで達するのか、入学前に確認しておく必要があります。

授業内容や時間、使用教材などが転職に必要なスキル向上に役立つのか、資料や説明会などで確認しておきましょう。

転職支援が充実しているか

Webデザインスクールは転職支援のある学校とない学校があるため転職を希望している方は、転職支援が充実している学校を選びましょう。

転職支援の内容は学校によって異なりますが、面接対策や履歴書の添削、受講料返金制度などがあります。

転職支援に力を入れているか入れていないかは、転職成功率に影響しますので入学前に確認しておきましょう。

転職支援をしているかどうかはホームページに記載されていますが、文面だけではなく直接話を聞きたい場合は説明会の参加をおすすめします。

転職実績数が少なくないか

転職に強いWebデザインスクールの見分け方で有効なのは、転職実数を確認することです。

転職率が高い方が入学して転職できる可能性が高まりますが、反対に転職率が低いと転職の可能性は下がります。

数値でわかると説得力があり比較材料になるので、転職率の高い学校を選ぶとよいでしょう。

学校の中には転職率を公開していない学校もありますが、公開している学校はホームページから確認できるので、希望校がいくつかある場合は比較することをおすすめします。

卒業後のキャリアステップは?

Webデザインスクール卒業後のキャリアステップについて紹介します。

派遣社員として働く

派遣社員は派遣会社と雇用契約を結び派遣先で就業する働き方のことで、Webデザイナーでも派遣社員として働くことが可能です。

派遣社員の場合、正社員の業務内容と比べると仕事の種類や質が異なる可能性がありますが、Webデザイナーとしての実務を重ねることはできます。

また、派遣社員は勤務地や勤務時間、休日を自由に選べることが多いため、ライフスタイルに合わせて働きたい方には派遣社員の仕事がおすすめです。

派遣社員は有期雇用なので期間によって違う職場で働けるため、さまざまな経験や挑戦ができます。

働き方は派遣会社に相談できるので、サポートを受けながら就職先・転職先を決められるのもメリットです。

正社員として働く

正社員とは会社に正規雇用されている労働者のことで、Webデザイナーも正社員として働けます。

正社員の場合、収入や雇用が安定しているため長く働きやすく、成長を目指す方は昇進や昇給も可能です。

また、正社員は派遣社員やアルバイトと比べて、責任ある業務を任せてもらえる機会が多く、成長に結びつきやすいとされています。

さらに、正社員で経験を積んだ後にフリーランスや独立など、キャリアアップを目指す方も少なくありません。

フリーランスとして働く

フリーランスとは会社に属さずに、自由に契約して働く人のことを指します。

Webデザイナーは自宅でも仕事ができるので、フリーランスで働いている方が多くいるのが特徴です。

フリーランスの場合は個人で営業して契約する必要があるため、ある程度の実力と営業力が必要になります。

そのため、最初からフリーランスになるよりも、会社で経験を積んでからフリーランスに移行する方が多いのが特徴です。

フリーランスは収入が安定しづらいので、正社員で働きながら副業や準備などをして、計画的に進めている方が多くいます。

自分に合った方法でWebデザイナーを目指そう

Webデザインスクールが無駄と言われるのは、独学で学べることや就職できるかが定かでないこと、料金が高いなどです。

しかし、Webデザインスクールはデメリットだけではなく、実践的なスキルの習得や就職・転職・独立のサポートなどメリットもあります。

そのため、未経験者や体系的にWebデザインを学びたい方は、Webデザインスクールがおすすめです。

Webデザインを学びたいと考えている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。