【IT・Web初心者向け】IT情報収集におすすめのWebメディア17選

IT情報収集におすすめのWebメディア

ICT業界は今や技術革命の時代、AI (エーアイ) やIoT (アイオーティー) などの最新テクノロジーが急速に進歩を遂げるようになりました。このような状況の中で、スキルの向上やキャリアアップを目指すITエンジニアの方や、Web制作に従事する方も多いのではないでしょうか。

最新の技術を習得するだけではなく、最新トレンドにもアンテナを張り、IT関連の旬の情報収集を行うことも重要です。

そこで、この記事ではIT・Web初心者の方向けに2024年版の最新情報として、IT情報収集におすすめのWebメディアをピックアップしてみました。

  • エンジニアのキャリアアップに必要な要素 (人的ネットワーク拡大・イベント参加など)
  • 情報収集の方法
  • IT情報収集におすすめのニュースサイトの案内やブログの紹介

システム開発の現場で役立つWebサイトも多く、会員登録と利用料は無料ですので、ぜひ今後の参考にしてみて下さい。

目次

ITエンジニアのキャリアアップに必要な2つの要素とは【人的ネットワークの拡大・スキルアップ・イベント参加・最新のIT情報収集】

ITエンジニアとして活躍するには、最新の技術を習得することはもちろん、キャリアアップするためのさまざまな努力が必要不可欠となります。ITエンジニアのキャリアアップに必要な2つの要素について、下記の通り解説します。

勉強会・研修・交流会などイベントに積極的に参加(スキルアップと人的ネットワークづくり)

ITエンジニア向けの勉強会・研修・セミナーなどの機会があれば、積極的に活用してスキルアップを図ると良いでしょう。空いた時間を活用して、交流会などのイベントに参加することで人的ネットワークが広がります。

国の公的な支援制度としてIT分野の職業訓練として求職者支援訓練制度もありますので、IT・Web初心者の方はこの制度を上手に活用するのも有効策です。

最新のIT情報を収集する(Webサイトの活用)

ICT業界では技術の進歩が急速な勢いで進歩を遂げる中、AI・IoT・クラウドサービスなど、さまざまなサービスが提供されるようになりました。IT関連の知識と技術を習得するとともに、最新情報を速やかにキャッチすることも必要です。

ニュースサイトやブログなど、最新のIT情報満載のWebサイトに会員登録して、上手に活用すると良いでしょう。

ITエンジニアの情報収集方法を解説

情報収集

IT系の情報サイトに会員登録

IT系ニュースサイトや情報サイトを閲覧すれば、最新のIT関連の情報をスピーディーにキャッチすることができます。移動中や外出中の空き時間を活用して、必要なデータや情報をインターネット上で入手しておくと良いでしょう。

IT系の情報サイトは日本国内のものもあれば、海外サイトもあります。サポート内容・セキュリティ・サービス内容など、複数のWebサイトと比較しながら最適な情報サイトを選びましょう。

プログラミングスクールで勉強する

プログラミングスクールで受講することにより、IT関連の最新の技術を習得しながら、さまざまな情報を入手することが可能です。スクールではカリキュラムが充実していて、現役エンジニアの担当講師から直接指導を受けて、アプリケーション開発やシステム開発など幅広い知識と技術を習得できます。

グループレッスンを実施しているスクールも多く、スクール独自のコミュニティサイトや交流会で最新の情報を得ることもできるでしょう。

有名なエンジニアのブックマークを閲覧する

有名なエンジニアのブックマークを閲覧して、IT関連の情報を入手する方法もあります。有名なエンジニアのブックマークを追跡することにより、さまざまな情報を得ることができます。

IT系のセミナーや研修会に参加

時間に余裕があればIT関連のセミナーや研修会に参加すると良いでしょう。オンラインで実施される無料のセミナーもありますので、このような機会を活用してはいかがでしょうか。

本を読んで学ぶ

IT関連の本を読んで、最新の情報を得ることもできます。通勤などの移動時間や食事の時など、ちょっとした空き時間に目を通しておくだけでも、必要な情報が頭の中にインプットされるでしょう。

【IT・Web初心者向け】IT情報収集におすすめのWebメディア17選

ITキャピタル

ITキャピタル

 

ITキャピタルは、大阪府大阪市の株式会社ファーストネットジャパンが運営する初心者向けのWeb・インターネットの情報サイトです。「Web制作」「Webマーケティング」「SEO対策」等を中心に情報を発信しており、初めてITを学ぶ方にとっての道標的な存在を目指して運営されています。

大阪でホームページ制作をしている会社が運営しているので、制作系の記事も充実しており、Web業界を目指している方にも最適です。

また、代表はエンジニア出身なこともあり、システム開発に関しても幅広くカバーされています。

さらにホームページ制作以外にも無料で利用できるメールフォーム作成サービス「EasyMail」というWebサービスを運営しており、自社サービスで培ったコンテンツマーケティングにも明るく、現場の経験を活かしたSEOやWebマーケティングの情報も充実しています。

運営企業 株式会社ファーストネットジャパン
所在地 大阪市中央区南久宝寺町1-7-10-201
公式サイト https://www.1st-net.jp/blog/

@IT(アットマークアイティ)

@IT

 

@IT(アットマークアイティ)は、東京都千代田区のアイティメディア株式会社が運営する情報サイトです。クラウド・AI・IoT・セキュリティ・キャリア&スキルなどのカテゴリに分かれていて、有益な情報をスピーディーに入手できるのが魅力です。

「アジャイル・DevOps」の関連記事も随時更新されているので、Web制作やシステム開発の業務に携わるシステムエンジニアの方は必見です。

IT業界に携わる方向けのトレンドな話題が@ITのWebサイトに掲載されているので、ぜひ会員登録しておくと良いでしょう。

@ITの会員登録は無料で、登録手続きの際に読みたい連載記事をあらかじめ登録しておくと、連載の続きの記事が投稿された際にメールで通知してくれます。複数ペーシの記事をワンセットにしてPDFファイルにデータ化して、プリントアウトすることも可能です。

運営企業 アイティメディア株式会社
所在地 東京都千代田区紀尾井町3-12
公式サイト https://atmarkit.itmedia.co.jp/

GIZMODO JAPAN(ギズモード・ジャパン)

gizmodo

 

GIZMODO JAPAN(ギズモード・ジャパン)は、広告事業・コマース事業専門の株式会社メディアジーンが運営しています。日本国内で最大規模のITテクノロジー関連の情報サイトとして、Web制作関係の方やシステムエンジニアの方に厚く支持されています。

テクノロジー・サイエンス・ライフスタイル・デザイン・プロダクト・ビジネス・エンターティメントなど、さまざまなジャンルの記事が投稿されています。

ギズモード独自のサービスとして、メディアジーンが提供している資料をダウンロードすることも可能です。

資料のダウンロードを希望する方は、GIZMODO JAPANの公式サイトから「媒体資料のお問い合わせ」の項目を選び、「媒体資料ダウンロード」のページに進みます。お問い合わせメールフォームに必須項目を入力して送信すれば、希望する資料を送ってもらえます。

運営企業 株式会社メディアジーン
所在地 東京都渋谷区円山町23-2 アレトゥーサ渋谷
公式サイト https://www.gizmodo.jp/

Impress Watch(インプレス・ウォッチ)

Impress Watch

 

Impress Watch (インプレス・ウォッチ) は、東京都の株式会社インプレスが提供する情報メディアサイトです。テック・ビジネス・ライフ・エンタメ・マネー・社会・イベントなどの豊富なカテゴリが用意されており、その中からさらに細かい条件に絞り込んで検索することも可能です。

専門性の高いWebメディアサイトとして、ITエンジニアをはじめ幅広い業界の方々に根強い人気があります。

運営企業 株式会社インプレス
所在地 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング
公式サイト https://www.watch.impress.co.jp/

BRIDGE(ブリッジ)

BRIDGE

 

BRIDGE(ブリッジ)は、PR TIMESを運営している株式会社THE BRIDGEから提供されています。会員登録は無料ですが、無料プラン利用の場合は会員限定の記事を1ヶ月に3本まで無料で購読できます。有料会員にグレードアップした場合は、会員限定の記事をすべて購読可能となります。

スタートアップ企業に関する話題やITテクノロジーのトレンド情報まで、充実したラインナップです。

運営企業 株式会社THE BRIDGE
所在地 東京都港区南青山2-27-25 ヒューリック南青山ビル3F
BRIDGE編集部
公式サイト https://thebridge.jp/

StackOverflow(スタック・オーバーフロー)

stackoverflow

 

StackOverflow(スタック・オーバーフロー)は、オランダのProsus社が運営する情報メディアサイトで、システムエンジニアやプログラマーにおすすめです。ただ一方的に最新の情報を発信するのではなく、ユーザーから寄せられたさまざまな質問に回答する形式となっています。

日常の業務の中で不明な点や、今すぐに解決したい問題があれば、StackOverflowに投稿すると良いでしょう。

運営企業 Prosus社 (オランダ)
所在地
公式サイト https://ja.stackoverflow.com/

Publickey(パブリックキー)

publickey

 

Publickey(パブリックキー)は、日本国内の個人の方が運営しているWebメディアサイトで、情報処理・システムエンジニアなどIT業界に携わる方に最適です。

定期的に最新情報が更新されていますが、バックナンバーの記事が読みたい方は2009年2月以降の記事まで、さかのぼって購読することも可能です。

過去7日間の人気ランキング記事も掲載されているので、最新情報を速やかにキャッチできます。

運営企業 新野淳一 (個人の方)
所在地
公式サイト https://www.publickey1.jp/

Qiita(キータ)

Qiita

 

名古屋市のQiita株式会社が提供するWebメディアサイト・Qiita(キータ)では、IT業界の現場で活躍するシステムエンジニアやプログラマーに厚く支持されています。

IT業界に関するトレンドな話題を探すのも良いし、コミュニティサイトとして上手に活用すると良いでしょう。新規会員登録と利用料は無料で、TwitterやGoogleのアカウントで登録することも可能です。

運営企業 Qiita株式会社
所在地 名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂング32F
公式サイト https://qiita.com/

海外のIT情報収集におすすめのWebサイト3選

TECHABLE (テッカブル)

techable

 

TECHABLE (テッカブル)は、株式会社PR TIMESが運営しているニュースサイトです。公式サイトのTopページは文字や文章よりも大きな画像が多く使われていて、見やすくなっています。

インタビュー・クラウドファンディング・AI・iPhone・資金調達など、注目のキーワードが多数掲載されており、その中から興味のあるカテゴリを選択すれば新着情報をすぐに入手できます。

おおまかなジャンルとして、ソーシャルメディア・テック・マーケティング・リリース・人気の記事ランキングなどのテーマもありますので、こちらもぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

運営企業 株式会社PR TIMES
所在地 東京都港区赤坂1-11-44 赤坂インターシティ8F
公式サイト https://techable.jp/

GIGAZINE(ギガジン)

gigazine

 

GIGAZINE(ギガジン)は、大阪府茨木市の株式会社OSAが運営しているニュースサイトです。Topページの上部には最新の記事の見出しが画像とともに複数掲載されていて、その下には過去の記事を検索する機能が搭載されています。

例えば、2022年12月2日の記事を読みたい場合は、「過去の記事」の見出しの下にある検索窓から「20221220」と入力します。「過去記事を見る」のボタンをクリックすると、その日に投稿された記事が表示されます。

さらに「過去の記事」の見出しの下には、「カテゴリ」があります。ヘッドライン・モバイル・インタビュー・取材・ソフトウェア・ゲーム・アニメ・マンガ・ウェブアプリ・ネットサービスなど、多彩なカテゴリの中から興味のあるジャンルを選んで、記事を読むこともできます。

運営企業 株式会社OSA
所在地 大阪府茨木市別院町2-7
公式サイト https://gigazine.net/

CNET Japan(シーネット・ジャパン)

cnet

 

CNET Japan(シーネット・ジャパン)は、東京都千代田区の朝日インタラクティブ株式会社が運営しています。

ワーケーション・メタバース・ドローン・モビリティ・宇宙・不動産・働き方・教育・ヘルスケア・金融など、豊富なカテゴリの中から好きなテーマを選んで、記事を閲覧することができます。Topページにはサイト内検索機能も搭載されているので、検索窓にキーワードを入力して記事を探すこともできます。

運営企業 朝日インタラクティブ株式会社
所在地 東京都千代田区神田神保町2-2 ミレーネ神保町ビル5F
公式サイト https://japan.cnet.com/

ITエンジニアにおすすめの情報収集サイト ITmedia(アイティメディア)をピックアップ

itmedia

ITmedia(アイティメディア)

ITmedia(アイティメディア)は、東京都のアイティメディア株式会社が運営しています。Topページには新着記事一覧が掲載されており、IT関連などの旬の情報を逸早くキャッチできます。

この他に企業向けIT・個人向け製品&サービス選びなど、多彩なカテゴリの中にお役立ち情報満載です。「ICT教育の成功の秘訣とは」といった興味深い記事も掲載されているので、一読の価値ありです。記事内容の詳細を知りたい方は、今すぐITmediaの公式はサイトにアクセスすると良いでしょう。

運営企業 アイティメディア株式会社
所在地 東京都千代田区紀尾井町3-12
公式サイト http://www.itmedia.co.jp/

ITエンジニアにおすすめの情報収集サイト日経xTECH(日経クロステック)のサービス内容を紹介

日経クロステック

日経xTECH(日経クロステック)

日経 xTECH(日経クロステック)の運営会社は株式会社日経BPです。専門メディア・連載・特集などのカテゴリに分けられて、IT・DX・AI関連の情報からランサムウェア対策などのセキュリティに関する情報まで、豊富なラインナップです。

一流企業の社長や社員のインタビュー記事も多数掲載されていて、読み応えがあります。

IT関連のテーマだけではなく、電機・自動車・建築・土木など多彩なテーマが取り上げられているので、幅広い業種の方におすすめです。

運営企業 株式会社日経BP
所在地 東京都港区虎ノ門4-3-12
公式サイト http://tech.nikkeibp.co.jp/

IT情報収集におすすめのブログ系サイト はてなブログを紹介

はてなブログ

はてなブログ

はてなブログはIT関連の情報収集にはもちろん、好きな音楽・文学・旅行など趣味を楽しみたい方にもおすすめです。お試し1ヶ月コースは1,008円(税込)、1年コース8,434円(税込)、1年コース14,400円(税込)の3種類の有料プランがあります。途中でプランを変更したい場合、現在契約中のプランよりも期間が長いプランであれば、いつでも変更の手続きが可能です。

もちろん無料プランの利用もできますので、空いた時間にはてなブログで自分の思いを綴ってみてはいかがでしょうか。

何を書いたら良いのか迷った時には、「みんなのお題 (β版)」のカテゴリから、質問に回答するのも良いでしょう。

運営企業 株式会社はてな
所在地 京都府京都市中京区烏丸通六角下ル七観音町630 読売京都ビル7F
公式サイト https://hatenablog.com/

IT業界関連以外の情報を探している方にもお役立ちのおすすめWebサイト3選

ASCII.jp

ASCII.jp

 

ASCII (アスキー) と言えば、週刊アスキーなどの雑誌でおなじみの方も多いのではないでしょうか。角川アスキー総合研究所が運営しているASCII.jpは、AI・IoT・デジタルなどIT・通信・ビジネス系のテーマからゲーム・ホビーまで、幅広いジャンルの新着情報が満載のニュースサイトです。

公式サイトのTopページには、新着トピックス記事が随時更新されていて、連載記事も読み応え抜群です。人気の高い話題を今すぐに知りたい方は、Topページにアクセスランキングが掲載されているので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

IT関連以外のさまざまなテーマでも旬の情報が多数掲載されているので、ちょっとしたスキマ時間にぜひASCII.jpのWebサイトを閲覧すると良いでしょう。

運営企業 株式会社角川アスキー総合研究所
所在地 東京都文京区西片1-17-8 KSビル
公式サイト http://ascii.jp/

バズ部

バズ部

 

バズ部は「コンテンツマーケティングをすべて提供」をモットーに、株式会社ルーシーによって運営されています。事業規模・業界・業種を問わず、コンテンツマーケティングに関わる施策の実践について丁寧にサポートしています。

コンテンツマーケティングに関する無料相談にもフレキシブルに対応していて、公式サイト上からの申込みは24時間いつでも可能です。

一方、コンテンツマーケティングビギナーズガイドでは、コンテンツ制作のコツ・広告運用など、バズ部独自のアプローチでマーケティング活動を成功させる技を伝授してもらえます。企業や学校法人のコンテンツマーケティングの構築や活用事例も掲載されていて、Web制作やSEO対策の業務に関わっている方におすすめです。

運営企業 株式会社ルーシー
所在地 東京都港区西新橋2-7-4 CJビル11F
公式サイト https://bazubu.com/

ガジェット通信

ガジェット通信

 

ガジェット通信の運営会社である東京産業新聞社では、紙媒体で情報を発信するのではなく、インターネット経由で多くの人々に役に立つ情報をお届けすることをモットーとしています。

デジタル・IT・政治・経済・グルメ・動画・ゲーム・エンタメ・映画などの趣味の分野まで幅広く取り扱われていて、ビジネスからプライベートまで幅広く役立てられるのが魅力です。

空き時間にガジェット通信のWebサイトにアクセスして、インタビュー記事や便利なアイテムに関する記事を購読してみてはいかがでしょうか。Web漫画も多数掲載されているので、漫画が好きな方にもおすすめです。

日常の多忙な業務の合間に、ちょっとした箸休めとしても気軽に利用できるのが魅力です。執筆者新規登録の申込み手続きをしておけば、ガジェット通信の公式サイトにログインした後に記事を投稿して、情報を配信することも可能です。

運営企業 株式会社東京産業新聞社
所在地 東京都渋谷区松濤2-11-11 松涛伊藤ビル2F
公式サイト https://getnews.jp/

【IT・Web初心者向け】IT情報収集におすすめのWebメディア17選 まとめ

この記事では、IT・Web初心者の方向けに、IT情報収集に最適なニュースサイトやブログなどのWebメディアを厳選して紹介しました。最新の情報が随時更新されていて、1度に多くの情報を収集するのは大変な作業です。

そこで、最後のまとめとして情報収集を行う際の上手な活用方法について解説します。

ニュースサイトにはサイト内検索機能が導入されているので、知りたいテーマがあれば検索窓にキーワードを入力すると、スムーズに検索できます。Topページには新着情報も掲載されているので、旬の情報を逃さずキャッチしましょう。

Web制作やエンジニアの仕事で毎日多忙な業務を行う中で、情報収集に費やす時間は限られています。少ない時間を上手に活用して、知りたい情報をスピーディーに検索して、知り得た情報やデータをきちんと管理することも重要です。

この記事では数多くのニュースサイトを掲載しましたが、全でのWebサイトをチェックして広く浅く情報を収集する必要はありません。今回掲載した複数のニュースサイトのうち、2~3サイトの内容を閲覧するだけでも全然構いません。

多くの情報が提供されている中で、本当な必要な情報を収集して日々の業務に役立てることが大切です。空き時間にPCやスマホで最新情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。