【初心者】VPNとは?VPNをわかりやすく解説!メリット・デメリットも!

VPN「よく聞くけどVPNってなに?」
「VPNの導入で何が変わるの?」

上記のような疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。ITは変化が早く、次々と新しい用語が出てきて戸惑いますよね……

本記事では、VPNを分かりやすく解説している他、VPNのメリット・デメリットなども解説しています。本記事を読むことで、VPNを理解できるようになるでしょう。ぜひとも参考にしていただけたら幸いです。

VPNとは?わかりやすく解説

地球とネットワーク

VPNとは、「Virtual Private Network(バーチャル・プライベート・ネットワーク)」の略であり、「仮想専用線」といった意味をもちます。

VPNを利用することで、共有回線(誰もが利用できる回線)の中に仮想専用線を構築でき、安全なデータのやり取りなどが可能となります。

VPNはデータを暗号化するため、情報を盗み見ようとする第三者はデータの判読ができません。よってVPNを導入するだけで、高いセキュリティ効果を得られるでしょう。

サイバー攻撃による被害が多発している現代では、VPNなどを活用してセキュリティを強化することが欠かせません。

IPアドレス検索(IPアドレスルックアップツール) | NordVPN

VPNの仕組みはどうなっている?

VPNは、パソコンやスマホなどのデバイスとインターネットをつなぐ、「トンネル」のような役割を果たしています。

無料Wi-Fiなど不特定多数の人が利用する共有回線だと、誰でも利用できるため、データや情報を第三者が簡単に入手できてしまいます。

デバイスとインターネットの間にVPNを構築することで、仮想専用線が作れる上に情報が暗号化され、情報漏えいリスクを大きく軽減できるのです。

VPNで仮想専用線を構築し、デバイスとインターネットの間にトンネルを作っただけでは、確実に安全性が高いとは言えません。

しかし、トンネル内を行き交うデータを暗号化することにより、データが盗まれたとしても、解読できないような仕組みになっているのです。

VPNは必要ない?VPNを利用しない場合のリスク

VPNと鍵

VPNを使わない場合、外部からハッキングされ、情報が漏えいするリスクも大きくなります。情報が漏えいすると、下記のような被害が起きる危険も。

デバイスから情報が漏えいした際に起こり得る被害内容

  • ●仕事上の重要なデータが盗まれる
  • ●クレジットカード情報を盗まれて勝手に買い物される
  • ●サイトのIDやパスワードを見られて好き放題に使われる
  • ●ウイルスを入れられて多くの情報を盗まれるなど

 

会社であってもセキュリティ対策をしていない場合、「常に危険な状態に晒されている」と言えます。ですがVPNを導入するだけで、安全性は一気に高くなります。

また個人の場合、無料Wi-Fiや自宅のWi-Fiを利用するリスクは高いです。個人で利用するケースでも、VPNを活用するなどセキュリティ対策を行うことが欠かせません。

VPN接続の種類は4つ

ここからは、VPNへの接続方法を紹介していきます。VPNへの接続方法として、下記の4つが挙げられます。

  • ●「インターネットVPN」
  • ●「エントリーVPN」
  • ●「IP-VPN」
  • ●「広域イーサネット」

一つずつ見ていきましょう。

「インターネットVPN」

インターネットVPNは、インターネット回線上にVPNを構築します。自宅や会社など、拠点間にVPNルーターを設置して暗号化するだけなので、余計な手間や費用がかかりません。

ただ、通信速度は使っているインターネット回線によって決まるため、通信速度が速くて安定性の高い回線の利用(例:光回線など)をおすすめします。

「エントリーVPN」

エントリーVPNは、ブロードバンド回線を利用し、閉じたネットワーク(閉域IP網)を活用してVPNを構築します。通常のインターネット回線を利用しない(特定のユーザーしか使わない)ため、インターネットVPNよりセキュリティは高いです。

安価な回線を使うのでコストを抑えられますが、通信環境が不安定になりやすいといったデメリットもあります。

「IP-VPN」

IP-VPNは、通信事業者が持っている専用線を使ってVPNを構築します。通信事業者の専用線は品質が高く、通信環境が安定しやすいです。

また、セキュリティも非常に高い上に保守や運営も通信事業者が行うため、利用者側に負担がかかりません。しかし、導入コストは高いので留意しておきましょう。

「広域イーサネット」

広域イーサネットもIP-VPNと同じで、通信事業者の専用線を利用してVPNを構築します。広域イーサネットは自由度が高く、好きなようにインターネット環境を構築できるのが強みです。

ただ、保守や運営もこちら側で行う必要があるため、高いスキルや知識が求められます。

VPNのメリット・デメリット

ここでは、VPNを利用することのメリット・デメリットを解説しています。メリットとデメリット、両方の側面を知ることで、VPNをより深く理解できるようになるでしょう。

VPNのメリット5選

VPNの主なメリットは下記5つです。

  • ●高度なセキュリティ対策になる
  • ●テレワークにも対応できる
  • ●コストがかからない
  • ●海外から日本のサイトにアクセスできる
  • ●日本から海外のサイトへアクセスできる

一つずつ見ていきましょう。

高いセキュリティ性を実現できる

VPNを導入するだけで、高度なセキュリティ対策になります。デバイスとインターネットの間にVPNを設置することにより、仮に第三者にアクセスされたとしても、内容自体は暗号化されて全く分かりません。

企業の場合、会社の重要なデータや顧客情報が漏えいしてしまうと、会社存続の危機になりかねません。また個人も、データや情報が見られて、そこから大きな被害につながるリスクがあります。

VPNを導入することで、セキュリティに強い通信を構築し、一定の安全が保てるようになるのです。

テレワークにも対応できる

VPNは、テレワークに対応できるのも魅力の一つです。セキュリティの安全面から、テレワークの導入に不安を持っている企業も多いことでしょう。VPNを使えば、自宅からでも安心して企業の社内ネットワークにアクセスできます。

2020年以降、テレワークを導入する企業が増え、テレワークがあるかどうかで就職先を決める就活生も少なくありません。今後企業が成長していく上で、テレワークの導入は欠かせないと言えるでしょう。

コストがかからない

VPNはセキュリティを強化できるだけでなく、コストがかからないといった利点もあります。

専用線を設置する場合、拠点ごとに設置する必要があるのでコストが高くなってしまいます。使う場所全てに専用線を設置しなければならないため、コストだけでなく手間もかかるのがネックです。

しかし、VPNはVPN対応のルーターを設置するだけなので、大幅にコストを抑えられるのが特徴的です。

また、エントリーVPNならコストカットもしやすく、大金をかけずにセキュリティレベルを高められます。

海外から日本のサイトにアクセスできる

日本にサーバーを置いているVPNサービスを利用すれば、海外からでも日本のサイトにアクセス可能です。海外では日本のサイトへアクセスできなくなるケースもありますが、VPNを活用することで解決します。

日本のサイト自体も海外からのアクセスを禁止しているところが多いので、海外在住の日本人でVPNを利用し、日本のサイトへアクセスする人も少なくありません。

日本から海外のサイトへアクセスできる

VPNを利用することで、日本から海外のサイトへアクセスもできます。VPNを経由して海外のサーバーへ切り替えることで、日本では見られない動画や映画の視聴も可能です。

また、海外のサイトへアクセスし、海外の学者が発表した論文を読むといった活用方法もあります。

目的が何であろうとも、海外のサイトへアクセス可能になることで、選択肢の幅が広がることは間違いないでしょう。

VPNのデメリット2選

VPNの主なデメリットは下記2つです。

  • ●セキュリティが完璧になるわけではない
  • ●通信速度が遅くなる可能性も

それぞれ見ていきましょう

セキュリティが完璧になるわけではない

確かにVPNを導入することでセキュリティは高くなりますが、セキュリティが完璧になるわけではありません。

セキュリティに絶対安全はなく、常にセキュリティが破られるリスクは存在しているのです。そのため、「VPNを導入しているから大丈夫だろう」といって安心しないことが重要です。

他に、セキュリティに対して常に強い意識を持っておく必要もあるでしょう。

通信速度が遅くなる可能性も

VPNを利用すると通信速度が遅くなる可能性もあります。特にインターネットVPNやエントリーVPNは、共有回線を使っているため、利用者が多い時間帯(朝の通勤時間や夜の帰宅ラッシュ時など)だと通信速度が低下してしまう恐れも。

定期的に通信速度が遅くなるとストレスにもなり、生産性が低下する可能性も十分に考えられるでしょう。

【スマートフォン】VPNは個人利用にも最適

VPNは仕事だけでなく、プライベートでの個人利用などにも適しています。VPNを使うことで安全にインターネットへ接続でき、情報漏えいの被害も防げます。

例えば、外出時にスマートフォンで無料Wi-Fiを利用する方は多いことでしょう。しかし、無料Wi-Fiは第三者が利用者のデータを簡単に取得できるため、危険性が高いです。

また、似たネットワーク名のアクセスポイントを作成(偽のアクセスポイント)し、接続した利用者の情報を抜き取る被害も起こっています。

解決策として、VPNを使うだけで安全に無料Wi-Fiを利用できるようになります。

【スマートフォン】アプリをダウンロードするだけでVPN接続できるようになる

iPhoneやAndroidどちらの場合でも、VPNに接続するまでのやり方は同じです。

手順1 App StoreかGoogle PlayでVPNアプリをダウンロードする(※無料アプリはおすすめしません)
手順2 インストールしたアプリを開き、初期設定を行う
手順3 VPNをオンにする

なお、VPNによっては国や地域を自由に切り替えることも可能です。手動で好きな国をタップするだけで、サーバーを切り替えられます。

【スマートフォン】無料VPNは危険

VPNには有料のものと無料のものがありますが、正直に申し上げますと「無料VPN」は危険です。無料VPNは登録した情報を悪用されたり、セキュリティが大して高くなかったりすることも。

サポートもほとんどないため、大きな恩恵を受けられる「有料VPN」がおすすめです。有料VPNは月額数百円のコストがかかってきますが、セキュリティ面や安全性・サポート面を考えると安いくらいです。

有料アプリであっても「Nord VPN」や「ExpressVPN」など、信用性が高いものを利用するようにしましょう。

IPアドレス検索(IPアドレスルックアップツール) | NordVPN

【スマートフォン】VPNをオフにしても大丈夫?

結論から申し上げますと、VPNは常にオンにしておくことをおすすめします。なぜなら、VPNをオフにすることでセキュリティ対策が低下し、思わぬ形で個人情報漏えいにつながることも有り得るからです。

常時オンにしたくない場合、下記の場面ではオンに切り替えるようにしましょう。

VPNをオンにした方が良い場面

  • ●無料Wi-Fiを利用するとき
  • ●インターネットの規制が厳しい国にいるとき
  • ●海外から日本のサイトへアクセスしたいとき
  • ●銀行アプリなどスマホで金融取引を行うとき
  • ●「HTTPS」化されていないサイトにアクセスするとき
  • ●迷惑な広告が表示されるとき
  • ●特に理由がなくてもネットサーフィンを行うとき

 

なお、自動接続機能があるVPNは自動的にVPNサーバーへ接続してくれるので、いちいちVPNのオンオフを切り替える必要がありません。

【初心者】VPNとは?VPNをわかりやすく解説!:まとめ

本記事では、VPNを分かりやすく解説した他、VPNのメリット・デメリットなども解説しました。VPNは手軽かつ安価で導入できるため、簡単にセキュリティ対策を施せます。

法人や個人問わず利用できるので、使い勝手も非常に良いです。もちろん、プライベートでの利用もおすすめです。

スマホの場合、ダウンロードするだけで簡単にVPNへ接続できるようになります。なお、VPNを実際に導入する際は接続種類をよく選び検討してから決めましょう。

IPアドレス検索(IPアドレスルックアップツール) | NordVPN