06-6777-3688
BLOG

商用利用もできるパブリックドメイン素材 BEST5

2020年4月28日

こんにちは。ファーストネットジャパンのWEBデザイナーです。

過ごしやすい気候になってきましたが、今年のGWはほとんど家の中にいなければならないので、とても残念です。

みなさんはどのようにしてGWを過ごされますか?

家の中ではできることは限られているので、不自由を感じている方も多いのではないでしょうか。

この記事ではパブリックドメインの美術品についてと、GW中のおうちでの過ごし方をひとつご紹介します。

パブリックドメイン画像

 

美術館のWEBサイト

世界各地の美術館のWEBサイトにアクセスして、オンライン上にアップされた美術品を鑑賞するのはどうでしょうか?
例えばこちらの美術館のWEBサイトは、とても充実しています。

メトロポリタン美術館

https://www.metmuseum.org

メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art、通称:The Met)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンにある世界最大級の美術館です。セントラル・パークの東端にあるそうです。

オンライン上でたくさんの美術品を鑑賞することができます。
パソコンはもちろん、スマホやタブレットでも利用できますので、場所を選ばず楽しむことができますね。

パブリックドメイン

次はパブリックドメインについて紹介します。

近年、著作権や知的財産権が喪失した美術品をパブリックドメインとして、扱えるようになりました。

パブリックドメイン作品はクレジット表記不要で商用利用できます。

 

先ほど紹介しましたメトロポリタン美術館の作品の中にも、パブリックドメインの作品がいくつかあります。

美術館に収蔵されるほどの絵画ですので、当然クオリティが高いです。その上、無料で商用利用できるのはとても魅力的ですね。

ですが、そんなパブリックドメインの美術品にも不便なところがあります。

 

それは、美術館ごとに画家のそれぞれの作品が収蔵されているため、画家ごとのパブリックドメイン作品を一括で把握することができないことです。

美術館ごとにWEBサイトのレイアウトも様々で、どこにパブリックドメインの作品があるのかをまず探さなければなりません。

素材として利用する前には必ず、その作品がパブリックドメインかどうかをしっかりと確認することも重要です。

ですが、美術館のWEBサイトは英語サイトが多いです。日本語ネイティブの私たちにとって英語は日本語よりも頭に入ってきづらいですよね。著作権の取り扱いについて書かれたページを探すのも一苦労です。

 

このように画像探しに時間を取られてしまうと、肝心のデザインをする時間がなくなってしまいます。

パブリックドメインの作品をもっと簡単に、画家ごとに一覧で表示してほしいなあ……。

 

そんな悩みを解決してくれる、便利なサイトをご紹介します。

rawpixel

このサイトのPublic Domainのページ(https://www.rawpixel.com/category/53/public-domain)では、各地の美術館のWEBサイトからダウンロードされた、パブリックドメインの作品が集められています。
色調補正済みとのことなので、そのままでも使えるのも嬉しいですね。

高画質画像をダウンロードするには、FACEBOOK IDやGoogleアカウントでのログインが必要です。もちろん、サイトで会員登録をすることもできますので、誰でも利用することができます。

パブリックドメイン素材 BEST5

ここではオススメの作品をいくつかご紹介します。
読みやすいようにランク付けしていますが、どの作品もとても素晴らしいものばかりです。
画家別の一覧へのリンクを貼っておきましたので、興味のある方はぜひ見に行ってみてください。

第5位 ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ

第5位画像

https://www.rawpixel.com/board/574376/les-roses-pierre-joseph-redoute-free-cc0-roses-illustrations?sort=curated&mode=shop&page=1

ルドゥーテは、19世紀、南ネーデルラント出身のベルギーの画家であり、植物学者です。 ユリやバラなどの植物を描いた博物画を多く残しており、「バラの画家」「花の画家」として知られています。

クオリティの高い花の博物画の素材が手に入ります。
華やかなWEBサイトのあしらいに活躍しそうですね。
背景が白系なので切り抜きや選択がしやすそうなのもありがたいです。

第4位 ウィリアム・モリス

第4位画像

https://www.rawpixel.com/board/495869/william-morris-textiles-and-pattern-high-quality-cc0-public-domain-art

モリスは19世紀のイギリスのテキスタイルデザイナーとして有名ですね。
カーテンや壁紙の柄となっているのをどこかで目にしているのではないでしょうか。
パブリックドメインの作品数は少ないですが、鮮やかで洗練されたデザインが魅力的です。

第3位 渡辺省亭

第3位画像

https://www.rawpixel.com/board/562870/seitei-kacho-gafu-free-creative-commons-japanese-woodblock-prints

渡辺省亭(わたなべ せいてい)は、江戸時代生まれで、明治時代から大正時代にかけて活躍した日本画家です。洋風表現を取り入れた、洒脱な花鳥画を得意としていました。
こういったイラストは自分ではとても描けませんし、クオリティの高いものを見つけるのもなかなか難しいので、素材として気軽に利用できるのはありがたいですね。
和風テイストのWEBサイトの、ちょっとしたあしらいに使えそうです。

第2位 ゴッホ

第2位画像

https://www.rawpixel.com/board/537381/vincent-van-gogh-free-original-public-domain-paintings

ゴッホを知っている人は多いのではないでしょうか。ポスト印象派のオランダ人画家です。パブリックドメインで利用できるゴッホの作品はたくさんあります。

最近ゴッホはよく注目されているようですね。去年は美術展が開催されていました。映画もいくつか制作されていますので、気になる方は検索してみてはどうでしょうか。

第1位 モネ

パブリックドメイン画像

https://www.rawpixel.com/board/547231/claude-monet-free-original-public-domain-paintings

モネはゴッホに並ぶ知名度のある画家ですね。印象派を代表するフランス人画家です。

数は多くないですが、パブリックドメインで睡蓮があるのは嬉しいですね。

モネの水蓮といえば、オランジェリー美術館が有名です。それらの作品群もいつかパブリックドメインとなって、自由に利用できるようになると嬉しいですね。

最後に

ご紹介した他にも、葛飾北斎やルノワールなど有名画家の作品がたくさんありますので、何も考えずに眺めているだけでも楽しめるサイトです。

 

パブリックドメインやSNSなど、いいものをみんなで共有できる世の中になってきました。いいことですね。
この記事が少しでもみなさまのお役に立てれば幸いです。

 

お問い合わせ・ご相談はこちらから

https://www.1st-net.jp/contact/

制作会社様の外注先としてもぜひご検討ください。

ファーストネットジャパンの制作実績はこちらをご覧ください。
https://www.1st-net.jp/works/

お気軽にご相談ください

成果の出るホームページのご提案をさせていただきます。
集客や売り上げに直結するノウハウなどもございます。まずは一度お問い合わせください。

最新の制作実績

弊社サービス