06-6777-3688
大阪のホームページ制作会社【ファ  ーストネットジャパン】BLOG

BLOG

古いサイトを見直すことができるWayback Machine

2019年7月15日

 
今回のお話は「Wayback Machine」というサイトのお話です。
皆さんはホームページの過去データというものはご存知でしょうか?
過去データってどういう意味かといいますと、たとえば自身の会社のホームページの歴史が保存されているサイトです。
昔公開されていた ページだけど、更新されてして、確認できない。
利用規約などが勝手に修正されていて変更まえの規約を証拠としてみたい、
そんなことないですか?
 
「Wayback Machine」は過去のホーム ページを膨大なデータとして蓄積してるサービスです。
そんなWayback Machineの使い方をご紹介します。
 
waybackmachineトップ
 
 

Wayback Machineとは

Wayback Machine(ウェイバックマシン)とはインターネット上の Webやその他情報を扱うサイトです。
アメリカにある非営利団体のインターネットアーカイブという組織が1996年から収集を始め2001年に一般向けにサービスを開始しました。
WEBのみならず音楽、ビデオなどの情報も集められておりすべて無料で利用できるおもしろいサービスです。
 
URLはこちら: https://archive.org/
 

Wayback Machineの使い方

にアクセスするとメイン部分にURLを入力する箇所があります。
たとえばヤフーのアドレスwww.yahoo.co.jp
をいれてみましょう。
すると1996年の11月からの履歴が出てきます。
 
この時代からあるヤフー。さすがインターネットの創始者といってもいいくらいの早さですね。
さっそく1996/11/20をクリックしてみてください。
ほんとシンプルなポータルサイトのデザイン。いかに軽くするかというのを突き詰めたテキストばかりのサイトです。
 

自分のサイトを探してみよう!

弊社のサイトでためしてみます。
弊所の最初にとったドメインは
になります。こちらを入力すると一番古い履歴として2001年の3月がみあたりました。
それがこのページ
(画像などがところどころ見らない部分もありますし、古いデータは取得できない場合もあります。)
一番最初はこのような感じでホームページの無料支援サイトを作成しそこからWEB制作のお仕事依頼につなげるような
マーケティング手法で集客をしていました。
 
そのあとで汎用ドメイン(jp)が現れたので1st-net.jpという今のドメインをとってこんなページを本格的につくったのです。
https://web.archive.org/web/20030110233123/http://www.1st-net.jp/web/
タイトルは「1st-netホームページ制作サービス」
 
ちなみにWaybackMachineからヤフーのカテゴリを奥底までたどっていくと弊社がヤフーカテゴリに登録されているのが確認できます。
 
 

サイトの登録や削除の方法

もしご自身のサイトが登録されていないなんてことであればすぐに登録しましょう。
の右下に「Save Page Now」とう入力欄から登録できます。
 
削除方法はinfo@archive.org 宛にメールで削除依頼するようになります。
 
 

最後に

Wayback Machineを使えば、昔のデザインが確認できます。
そのサイトが時代によってどう改変されていったのか考えることも WEB制作・WEBマーケティング力のお勉強に役立つかもしれません。
 
もし気になる ページがあれば活用してみてください。