06-6777-3688
BLOG

レンタルサーバーおすすめ10選【徹底比較】WEB制作会社が費用と特徴を解説します。

最終更新日:2021年9月16日

ホームページを公開するうえで欠かせないレンタルサーバー。
WordPressでのブログやECサイトを運営したいという個人の方も多くいらっしゃいます。
料金が無料でスタートできるのものから月額数万円というものまで数多くあり、「Xサーバー」、「ロリポップ」、「さくらのレンタルサーバー」など種類もさまざま。
毎年のようにスペックが良くなり、2021年はどれがおすすめなの?と迷ってしまいますよね。

そこで今回の記事は毎日のようにレンタルサーバーとお付き合いがある我々WEB制作会社が、2021年度のおすすめのレンタルサーバーを紹介いたします。

WEB制作会社だからわかるおすすめのレンタルサーバー!
紹介している順番におすすめですが、用途も特徴も会社ごとに様々ですので、皆様の希望にあったレンタルサーバーをさがしてみてください。

 

レンタルサーバー

目次

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとはその名の通りサーバーを貸し出すサービスのことです。
ではサーバーというのは何なのでしょうか?
簡単に言うと、サーバーとは、皆さんがお持ちのパソコンやスマホなどからのリクエスト(要求)に基づいて、インターネットを使って情報を提供する外部のパソコンのことを指します。
このサーバーパソコンを貸し出す会社もしくはそのコンピューターをレンタルサーバーと呼びます。
たとえば、お店を始めるときに、テナントが必要となります。それと同様にホームページを開きたいなら、サーバーがないとサイトを公開できません。
つまり、ホームページ公開の際などに必要なサーバーを、適切な容量を適切な価格でレンタルしてくれるサービスです。
レンタルサーバーというのはコンピューターの専門的な知識を持った人が高価なサーバー機器の設置場所を確保し、常時起動して保守管理を行っています。それをお安く借してくれるという素晴らしいサービスなのです。

レンタルサーバーはホームページを置いておくために利用されることがほとんどですが、別にそれに限定して利用するというわけではありません。
独自ドメインを使ったメールを使いたいだけとか、ファイルをバックアップしておく保管場所としても利用可能です。

レンタルサーバーの選び方

ホームページを運用するうえでレンタルサーバー選びは非常に大事となります。
ホームページと言えど、どういったホームページの種類かよって、必要なサーバーの種類は変わってきます。
たとえば、大企業のECサイトであれば、高スペックな専用サーバーやVPSが必要ですし、小中規模コーポレートや個人ブログであれば共用の安いサーバーで十分です。
本記事ではそれぞれの目的に合わせてベストなサーバーを紹介していく記事です。ぜひサーバー選びの参考としてください。

コスパで選ぶ

レンタルサーバーを選ぶうえで最も重要な項目は金額です。
使わない月は無料になるサーバー会社もあれば、月々数万円かかるサーバー会社もあります。
これは当然ながらサーバーのスペックや機能、サポート体制、拡張サービスなどに様々な要素よってかわってきます。
一概に安いから良いというわけでは決してありません。レンタルの価格をまず基本の比較対象にし、そこからご自身の必要な機能などを加えて検討していきましょう。

能力・スペックで選ぶ

レンタルサーバーは、スペック(能力)が低いと処理速度が遅くなります。
普段使っているパソコンやスマホのスペックが低いと、動作が遅くなったり止まったりするのと同じです。
そのため、ご自身の使い方にあわせた適切なレンタルサーバーを検討しましょう。
高スペックであるに越したことはありませんが、高スペックということはそれだけ費用もあがります。

レンタルサーバーのスペックを考える場合は、以下のような内容の数値が決めてです。
※CPUやメモリのスペックは契約時のサーバーパソコンによって変わることが多いです。

・CPU
・メモリ
・ディスク容量
・転送量

機能・特徴で選ぶ

レンタルサーバーを検討する際に安いからという理由で選んではいけません。
目的にあった機能や特徴で選択することが大事となります。
選択に値する機能は以下のようなものがあります。

・WordPressの簡単インストール
・自動バックアップ機能
・マルチドメイン数
・FTPユーザー数
・メールアカウント数
・データベース数およびデータベースユーザー数
・無料SSLの有無
など。

おすすめのレンタルサーバー10社を徹底比較!

これからホームページ制作会社である弊社がおすすめのレンタルサーバーを10社紹介します。

Xサーバー

Xサーバー

Xサーバーのポイント

エックスサーバは2004年1月設立の大阪に本社があるレンタルサーバ会社です。会社名はエックスサーバー株式会社といいます。
迷ったらコレと言って良いくらいの機能が充実しているサーバーで、運用サイト200万件以上で、国内シェアNo.1をほこります。
nginx(エックスエンジン)をすべてのプランでいち早く取り入れホームページ制作会社としてはかなり好印象なレンタルサーバーです。

当然ながら表示スピードも速く、容量も申し分ありません。
そして、WordpressなどのCMSを導入するにはデータベースを使用する必要があるので、最安値のプランでもデータベースは無制限で、しかも接続ユーザーも50個作れるのはかなり便利です。

もう1つFTPアカウントが無制限というのも制作側的には嬉しいです。
複数の作業者でサーバーを共有する場合、触ってほしくないディレクトリがある場面が多いので、各個人に制限をかけたアカウントを複数作れるというのはとても便利です。

無料独自SSLや自動バックアップなど基本的な機能を備えており、独自ドメインを無料で使えるというのうもタを暗号化できるサービスで、サイトの安全性をアピールできます。
Xサーバーの料金プランは、3種類から選べることができますが、X10でも十分なくらいの機能でおすすめです特徴。
10日間の無料トライアルを利用して実際に使ってみてください。

Xサーバーの仕様・特徴

 

X10

X20

X30

初期費用

3,300円

3,300円

3,300円

月額

990円

1,980円

3,960円

ディスク容量(SSD)

300G

400G

500G

メモリ

512G

512G

512G

転送量

900GB/日

1200GB/日

1500GB/日

データベース数(MySQL/MariaDB)

無制限

無制限

無制限

データベースユーザー数

50

70

70

FTPアカウント数

無制限

無制限

無制限

マルチドメイン

無制限

無制限

無制限

メールアカウント数

無制限

無制限

無制限

サポート電話

その他おすすめポイント

・nginx
・オールNVMe
・モリサワWebフォント
・無料お試し:10日間
・WordPress簡単インストール
・自動バックアップ

※時期によって内容が変更になって場合があります。

Xサーバー公式サイト

https://www.xserver.ne.jp/

ロリポップ

ロリポップ

ロリポップ!レンタルサーバーのポイント

ロリポップ!レンタルサーバーはGMOペパボ株式会社が運営しており、2003年1月設立の東京に本社があるレンタルサーバ会社です。
有限会社paperboy&co.という福岡の会社でしたが、GMOインターネットグループの子会社になった会社です。
200万件以上のサイトが利用実績があり、老舗のレンタルサーバー会社です。
なんといっても最大の特徴は値段の安さです。「エコノミープラン」が110円で今回紹介するレンタルサーバー内で最安値です。
そのため、CMSを使わないサイトシンプルなサイトや練習用などにはもってこいのレンタルサーバーです。

また、CMSを使いたい場合でデータベースを1つしか使わないよ、という方には「ライトプラン」が220円となっているので、こちらもおすすめです。
ECサイト「カラーミーショップ」やムームードメインも運営していて、連携も可能です。

ロリポップではSRE活動としてサーバーの安定稼働に取り組んでおり、
最近ではユーザー様におけるロリポップのイメージは、「安いサーバー」から、「安いのに質の良いサーバー」へと変化してきています。
SRE (=Site Reliability Engineering)
Google社が提唱するシステム管理とサービス運用䛾方法論(考え方、取り組み方)です。
● サーバーが安定したレスポンスを返せていることをを監視
● 定めた基準をクリアしているサーバーの割合を目標値(KPI)として観測
などを行い、サーバーの安定稼働を目指しています。

【具体的にどんなことをやっているるか】
● 実際にお客様に提供しているサーバーにWordPressを設置し、レスポンスタイムを毎分計測
● 毎朝各サーバーの数値を確認
● 高負荷サーバーがあれば詳細を確認し、原因の追求と解決を行う

【問題が起きたときの対処法は?】
● 瞬間的なアクセス増加であれば高負荷状態のアラートをすぐに検知し、他のお客様に迷惑をかけないよう対処を施します
● 定常的にアクセスの多いお客様へはプラン変更をご提案することで高負荷状態のホームページを運営されていたお客様はもとより、負荷をかけていないお客様も快適にご利用いただけるようになります。

ちなみに私もWebを勉強し初めた頃、まずはこのロリポップの「エコノミープラン」を使いました。
(練習用のサイトをいくつか作っては、間違えてぐちゃぐちゃにしてしまうということを繰り返して少しずつ成長しました……)

また、余談ですが、昔よりもサイトが見やすくなったと思います。
昔は雑多なイメージありましたが、今はシンプルな感じになっています。
(個人的には昔のデザインも面白くて好きですが)

残念な点はFTPアカウントが1つということろです。WEB制作会社としてはちょっと厳しい。

ロリポップ!レンタルサーバーの仕様・特徴

 

エコノミー

ライト

スタンダード

ハイスピード

エンタープライズ

初期費用

1,650円

1,650円

1,650円

0円

3,300円

月額

110円

440円

660円

1,100円

2,530円

ディスク容量(SSD)

20G

160G

200G

320G

1T

メモリ

非公開 非公開 非公開

非公開

非公開

転送量

200GB/日

500GB/日

700GB/日

900GB/日

1.2TB/日

データベース数(MySQL)

なし

1

50

無制限

無制限

データベースユーザー数

1

1

1

1

1

FTPアカウント数

1

1

1

1

1

マルチドメイン

1

1

200

無制限

無制限

メールアカウント数

20

無制限

無制限

無制限

無制限

サポート電話

なし

なし

その他おすすめポイント

無料お試し:10日間
WordPress簡単インストール(ライトプラン以上)

※時期によって内容が変更になっている場合があります。

ロリポップ!レンタルサーバー公式サイト

https://lolipop.jp/

ConoHa WING

conoHa WING

ConoHa WINGのポイント

ConoHa WINGはGMOインターネット株式会社が運営しており、1991年5月設立の東京に本社がある超老舗のレンタルサーバ会社です。
日本最大級のITの会社でこちらもロリポップ、お名前.com、ヘテムルレンタルサーバーと同様GMOインターネットグループです。
201年にサービスを開始して比較的後発ではありますがユーザー数は飛躍的に伸ばしています。
2021年9月現在で36万以上のアカウント数です。

ConohaWINGの最大の特徴は時間契約ができる点です。初期費用・最低期間もなく利用している時間だけで課金されるという新しい契約形態です。
一番安いプランの場合、1時間2.2円で、最大でも1か月1320円を超えることがないので安心です。
こういった従量課金制のレンタルサーバーがどういったニーズがあるのかわわかりませんが、期間限定のキャンペーンページ等で利用できるかもしれません。
もちろん一般的な1か月定額のプランもあります。

ConoHa WINGは、日本マーケティングリサーチ機構による調査で「アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバー」「WordPress利用者満足度」「サポートデスク対応満足度」の3部門においてNo.1を獲得しています。
Xサーバーと競い合っており、サイト上には高速No.1とどちらもうたっています。また構成や料金体系もよく似ており、違いは初期費用がConohaはいらないという点が、おすすめポイントです。

Conoha WINGの仕様・特徴

 

ベーシック

スタンダード

プレミアム

初期費用

0円

0円

0円

月額の場合
時間制の場合

1,320円
2.2円

2,640円
4.4円

5,280円
8.8円

ディスク容量(SSD)

300G

400G

500G

メモリ

転送量

27TB/月

36TB/月

45TB/月

データベース数(MySQL/MariaDB)

無制限

無制限

無制限

データベースユーザー数

無制限

無制限

無制限

FTPアカウント数

無制限

無制限

無制限

マルチドメイン

無制限

無制限

無制限

メールアカウント数

無制限

無制限

無制限

サポート電話

その他おすすめポイント

・従量課金
・nginx
・モリサワWebフォント
・WordPress簡単インストール
・自動バックアップ

※時期によって内容が変更になって場合があります。

ConoHa WING公式サイト

https://www.conoha.jp/

さくらのレンタルサーバー

さくらサーバー

さくらのレンタルサーバーのポイント

さくらのレンタルサーバーはさくらインターネット株式会社が運営しており、1996年創業の大阪に本社がある東証一部上場のレンタルサーバ会社です。老舗のレンタルサーバーなので実績とそれに伴う信頼もあります。
また、プランが豊富なため、自分にあったプランを選ぶことができ、必要になれば徐々にグレードアップすることも簡単です。
ライトプランはいろいろ制限はありますが、年払いのみの1,571円(月131円に相当)激安プランなので、データ保管とか、ちょっとした静的ホームページにはいいかもしれません。

残念なのはMysqlのユーザー数が1つだということです。
外部の方との連携がしづらいですよね。

さくらのレンタルサーバーの仕様・特徴

 

ライト

スタンダード

プレミアム ビジネス ビジネスプロ マネージド

初期費用

1,048

1,048

1,048

5,238

5,238

49,500円〜

月額

131円

524円

1,571円

2,619

4,714円

13,200円~

ディスク容量(HDD)

10G

100G

200G

300G

500G

HDD700G
SDD360G

メモリ

転送量

300G 300G 300G 300G 300G

300G

データベース数(MySQL)

50 100 200 400

無制限

データベースユーザー数

1 1 1 1

 

FTPアカウント数

1 1 1 無制限 無制限

無制限

マルチドメイン

20 200 300 400 500

無制限

メールアカウント数

無制限 無制限 無制限 無制限 無制限

無制限

サポート電話

その他おすすめポイント

・無料SSL
・WordPress/EC-CUBE/concrete5の簡単インストール(ライトは除く)
・モリサワWebフォント(ライトは除く)
・自動バックアップ(ライトは除く)

※時期によって内容が変更になっている場合があります。

さくらのレンタルサーバー公式サイト

https://www.sakura.ne.jp/

お名前.comレンタルサーバー

お名前.com

おなまえ.comレンタルサーバーのポイント

■費用等

料金:1,300円〜/月
容量:250GB〜
無料お試し:なし

■特徴

・無料SSL
・SSD
・データベース 無制限
・マルチドメイン 無制限
・転送量 4.5TB/月〜
・WordPress簡単インストール
・モリサワWebフォント
etc…

※プラン内容により利用できるサービスが異なる場合があります。

ドメインとセットで使うことで無料になったりとお得に使えるのが特長です。
管理画面がドメインとレンタルサーバーとが一括で管理できるので、紐付けなど簡易的な管理面を重視したい方におすすめです。
また、日本語のWebフォントは有料の場合が多いのでWebフォントで「モリサワ」が使えるのも嬉しいです。

おなまえ.comレンタルサーバー公式サイト

https://www.onamae.com/

レンタルサーバー【CPI】

CPI

レンタルサーバー【CPI】のポイント

■費用等

料金:3,800円〜/月
容量:300GB〜
無料お試し:10日間

■特徴

・無料SSL
・転送量 無制限
・FTPアカウント 50個
・マルチドメイン 10個
・メールアカウント 200個/1ドメイン毎
etc…

安全にこだわったレンタルサーバーです。
ウェブ、メール、コントロールパネルを同じサーバーで運営せずにそれぞれ別のサーバーに分けています。
このことにより、どれかに問題が起きた場合、他に影響が出ずにすみます。
この様なバックアップ面を重視する際にはオススメのサーバーです。
残念なのは

レンタルサーバー【CPI】公式サイト

https://www.cpi.ad.jp/

ヘテムルレンタルサーバー

ヘテムル

ヘテムルレンタルサーバーのポイント

■費用等

料金:800円〜/月
容量:200GB〜
無料お試し:15日間

■特徴

・無料SSL
・オールSSD
・WordPress簡単インストール
・データベース 70個〜
・FTPアカウント 50個〜
・メールアドレス 無制限
・マルチドメイン 無制限
etc…

※プラン内容により利用できるサービスが異なる場合があります。

全てのプランがSSDになっているため急に大量アクセスがあった場合もwebページを安定して表示してくれます。
また、データベースが70個〜なので、複数のサイトにCMSを導入したい場合など便利です。

そしてこれは私の主観なのですが、使用してきたサーバーの中では管理画面が見やすく使いやすいです。
サイドバーにはじめからほぼ全ての項目が表示されている上に、ものすごい縦長になっておらず収まっているように感じます。
なので、目的の場所に到達しやすいです。

また、データベースの作成時にデータベース名の先頭にユーザー名などの文字列が追加されるサーバーがあるのですが、ヘテムルではそれがないのが嬉しいです。
データベース名の名前をシンプルにできるのは管理する上でとても便利です。

ヘテムルレンタルサーバー公式サイト

https://heteml.jp/

WADAX

WADAX

WADAXのポイント

■費用等

料金:1,210円〜/月
容量:20GB〜
無料お試し:なし

■特徴

・無料SSL
・SSD 標準
・WordPress簡単インストール
・データベース 1個〜
・FTPアカウント 1個〜
・メールアカウント数 20〜
etc…

※プラン内容により利用できるサービスが異なる場合があります。

こちらも全てのプランがSSDになっているため急に大量アクセスがあった場合もwebページを安定して表示してくれます。
また、セコム社と連携した不正侵入防御を導入しているので、定期セキュリティ診断などセキュリティ対策の機能が標準でついてきます。

これは運営していく上ではともて心強いですね。
昔、改竄されてしまったサイトをもとに戻すという依頼を受けたことがあるのですが、
リダイレクトされる・至る所に謎のファイルが大量に入っている等、大変だったことがありました。

その不安が少なくなるという面でも、サイトにアクセスしてくれた方の安全性という面でも嬉しいです。

WADAX公式サイト

https://www.wadax.ne.jp/

WEB ARENA

 

webArena

WEB ARENAのポイント

■費用等

料金:298円〜/月
容量:100GB〜
無料お試し:なし

■特徴

・無料SSL
・データベース 3個〜
・転送量 無制限
・マルチドメイン 10個〜
etc…

※プラン内容により利用できるサービスが異なる場合があります。

データセンターの設備が震度7クラスの耐震設計だったりなど様々なセキュリティが特長。
そういった面を重視している方には選択の1つです。

WEB ARENA公式サイト

https://web.arena.ne.jp/

カゴヤ・ジャパン

カゴヤ・ジャパン

カゴヤ・ジャパンのポイント

■費用等

料金:440円〜/月
容量:20GB〜
無料お試し:2週間

■特徴

・無料SSL
・オールSSD
・WordPress簡単インストール
・モリサワWebフォント
etc…

※プラン内容により利用できるサービスが異なる場合があります。

最安値のプラン「WordPress専用サーバー」が440円からと、これから初めてWordPressのサイトを持ちたいという方にはお手頃で入りやすいでしょう。
また、「WordPress専用サーバー」プランは、私的にとても魅力的です。
費用が安価ということもあるのですが、その他に
・転送量が無制限
・カゴヤ・ジャパンのプラン内でもWordPressの表示スピードがとても速い
・「モリサワ」のWebフォントが使用できる
など、WordPressのエントリープランとしては充実し過ぎているくらいに感じます。

カゴヤ・ジャパン公式サイト

https://www.kagoya.jp/

おすすめレンタルサーバーの比較 まとめ

以上、10社のレンタルサーバーを紹介させていただきました。
用途や費用に合わせて選ぶのが良いと思いますが、もう一つ決めきれない場合などは「お試し」があるサーバーもあるのでこちらを利用するのがオススメです。
初心者の方は安いものから始めてみるのもいいかもしれません。レンタルサーバーというのは物足りないとおもったら移転することも可能です。(しょっと移転は大変ですが・・・)
また、管理画面の見やすさや使いやすさは人により異なりますので、それも判断材料の1つにするのもいいと思います。

弊社は株式会社ファーストネットジャパンは、1998年の創業から培ってきた知見・経験を基に、良質かつユーザー第一のWEBサイトを制作して参りました。
レンタルサーバー会社も日々競合他社といい意味で競争しながらスペックの進化をとげています。数か月で他社より優れた機能・仕様になっているなんてこともよくあります。

その時その時に応じた貴社に最良と思われるレンタルサーバーをご提案させていただきます。

弊社は、コーポレートサイト・採用サイト・ECサイト・LPサイトなど、様々なWEBサイトの制作に対応しております。

またSEO対策・SNS運用・リスティング広告運用などWEBマーケティングも得意としており、集客にお悩みの方はぜひご相談ください。

まずはお気軽にお問合せください。

お見積り、外注のご相談はこちらをクリック

WEB制作、1度はこんなことありませんか?

最後まで記事を読んでくださりありがとうございます!

ここまで読んでくださった方々の中には、Web制作を行っている方、企業や個人の宣伝としてwebで宣伝されている方など たくさんいらっしゃるかと思います。

しかし、個人でweb作成をされている方、企業としてweb作成をされている方、
お問合せページに使いにくさをかんじてませんか?

たくさんの方々からお問い合わせが来ると、お客様への返信の管理やその他機能に物足りなさを感じませんか?

あるいは、メールフォームに拡張機能を追加しようとするとほしい機能が有料だった…なんてこともありませんか?

そんな方のお悩みを解決するツールが、、
EasyMailという完全無料のメールフォームです!

弊社ではEasyMailというオープンソースメールフォームCMSを展開しております!

今まではかゆいところに届かなかった、もっとカスタマイズ性が高いものが欲しい、などなどお客様の声をふんだんに反映したものになっております!

大事なことなのでもう一度言いますが、完全無料です!

詳しくは弊社のEasyMail特設ページをご覧ください!

【EasyMail】URL:https://www.mubag.com/

EasyMailメインイメージ

 

お気軽にご相談ください

成果の出るホームページのご提案をさせていただきます。
集客や売り上げに直結するノウハウなどもございます。まずは一度お問い合わせください。

最新の制作実績

弊社サービス