06-6777-3688
BLOG

webデザインがダサいと言われる理由・原因。WEB制作会社・WEB従事者必見!

最終更新日:2021年6月9日/公開日:2021年6月9日

WEB制作会社において、デザイナーが初稿であげてきたWEBデザインがダサいものがあがってくる時ってありませんか?
もしくはフリーのデザイナーさんならクライアントに初稿でだしたデザインをダサいといわれたことはありませんか?
 
WEB制作会社を20年間やってきてこういったことは時々起こります。
創業当初はなんでこういったことが起こるのか?
このデザイナーはデザインが下手だなと思っていました。
 
デザイナーの採用時過去の実績をみたときにはいい作品を作っていると評価していたのに
いざ社内で作業をしてもらうといいデザインのときもあるが、ダサいデザインの時もある。
この前のデザインよかったのに、今回のデザインなんでこんなにダサいの?
てなことで社内議論したことがありました。
 
今回のお話はどうしてダサいデザインができあがってくるのかを長年やってきてわかったことをお話します。

WEBデザイン

ダサいデザインがあがってくる原因

ダサいデザインになる主な原因は以下のものが大体かと思います。
・デザイナーの経験不足・能力不足
・ディレクターとクライアントの打ち合わせ不足
・ディレクターとデザイナーの打ち合わせ不足や指示不足
・ディレクターのプランニング能力不足
・ディレクターのスケジュール管理不足
 
上のなかで経験不足の上司や経営者はデザイナーが悪いと思うのですが実はそうでないことがほとんどなのです。
 

ほんとんどのケースはディレクターの問題

デザインがダサいという原因はほとんどがディレクターいわゆるディレクションの悪さが原因なのです。
 
デザイナーが初心者ならともかく、過去の実績で良い作品を作れているにもかかわらず
デザインがダサいとおもったらディレクターのスキルを疑った方がいいと思います。
WEBのデザインなんかは通常のデザインスキルをもっていれば綺麗なホームページは作れるはずです。
 
なのにあがってきたデザインがダサいと感じたときはデザイナーが悪いのではなく、
ディレクターがデザイナーにきちんとクライアントの意向を伝えられていないと思いましょう。
 
今まで多くのデザイナーを採用してきて思ったことはWEBデザインというのはほとんどのケースで
斬新なデザインを必要としません。
マンガやキャラクターを作れるようなスキルも必要ありません。
イラストレーターとPhotoShopが操作できるならある程度のセンスがあれば大丈夫なのです。
(もちろん全然デザイン職に向いていない人もいますが)
 

初稿デザインをダサくしないようにする方法

・ワイヤーフレームを細かく作らない
ディレクターがワイヤーフレームをやたら正確に作ってくる人がいます。
これは逆に細かい部分に目がいってしまってデザイナーがそれを忠実に守ることでディレクターのダサさが反映されてしまうのです。
 
・かっこいい他のデザインを事前にデザイナーに伝える
ディレクターがクライアントとの打合せでクライアントの好みなどをしっかり聞き取り、
他のサイトできれいなデザイン、かっこいいデザインを事前に見つけてこういった雰囲気でつくってほしいとデザイナーにつたえておけばそういったものをつくってくれるはずです。
ディレクターがなんとなくで伝えてはいけません。
「かっこいいデザインにしておいて」とか「清潔感のあるデザインにしておいて」とか素人のクライアントがいいそうなことばをそのままデザイナーに伝えていませんか?
それではディレクターとしては失格です。
これは得てして営業的ディレクターに多い傾向にあります。
クライアントのいわんとしていることをきちんと翻訳してデザイナーにつたえるのがディレクターの難しい仕事なのです。
 
・タイトなスケジュールではいいものはできない。
デザインをされている方ならわかると思いますが厳しい納期を迫られるとろくなことがありません。
タイトなスケジュールのあまりとにかくパーツを配置してなんとか初稿に間に合わせなければということになるとあたりまえですがデザイン性が落ちます。
これもやはりディレクターのスケジュール管理の問題です。
クライアントとの打合せでタイトなスケジュールの場合はデザイン性が落ちてしまいますよということを理解してもらって常識のスケジュールで組むことを提案しましょう。
 

それでもダサいデザインはあがってくることはある

ワイヤーフレームがきちんとしていて、指示、打ち合わせもしっかりしていても
理想のデザインがあがってくるのは五分五分です。
それはディレクターの主観とデザイナーの主観が異なるから仕方がありません。
 
もし初稿でダサいデザインがあがったとしても、丁寧にディレクターがハンドリングすれば大丈夫です。
ダサいデザインがあがったとしてもデザイナーだけのせいにせずここがわるいとかここを直してというこをと正確につたえればいいだけです。
 

フリーのデザイナーのデザインがダサい場合

フリーのデザイナーさんに自社のホームページ制作を依頼した場合にそういったことがよくおこります。
この場合はディレクターははさまないため、すべてはデザイナーのディレクションレベルになってきます。
安いからといってフリーランスの方にホームページを依頼するとなかなかおもったようなものにならないのは致し方ないのかなと思います。
 

まとめ

今の時代、WEBといえど非常に難しいものとなっています。
プランニング⇒デザイン⇒コーディング⇒SEO⇒マーケティング⇒運用・保守
全部の作業ができる人はなかなかいません。
担当者がそれぞれの仕事内容を理解する、
それはデザイナーとディレクターはしっかり打合せしてコミュニケーションをとってクライアントの意思をしっかりくみとるということです。
 
ディレクターの能力が高い制作会社は仕事がうまく回っていると思います。
 
以上
 

web作成、1度はこんなことありませんか?

最後まで記事を読んでくださりありがとうございます!

ここまで読んでくださった方々の中には、Web制作を行っている方、企業や個人の宣伝としてwebで宣伝されている方など たくさんいらっしゃるかと思います。

しかし、個人でweb作成をされている方、企業としてweb作成をされている方、
お問合せページに使いにくさをかんじてませんか?

たくさんの方々からお問い合わせが来ると、お客様への返信の管理やその他機能に物足りなさを感じませんか?

あるいは、メールフォームに拡張機能を追加しようとするとほしい機能が有料だった…なんてこともありませんか?

そんな方のお悩みを解決するツールが、、
EasyMailという完全無料のメールフォームです!

弊社ではEasyMailというオープンソースメールフォームCMSを展開しております!

今まではかゆいところに届かなかった、もっとカスタマイズ性が高いものが欲しい、などなどお客様の声をふんだんに反映したものになっております!

大事なことなのでもう一度言いますが、完全無料です!

詳しくは弊社のEasyMail特設ページをご覧ください!

【EasyMail】URL:https://www.mubag.com/

EasyMailメインイメージ

 

株式会社ファーストネットジャパンでは、1998年の創業から培ってきた知見・経験を基に、良質かつユーザー第一のWEBサイトを制作して参りました。

弊社は、コーポレートサイト・採用サイト・ECサイト・LPサイトなど、様々なWEBサイトの制作に対応しております。

またSEO対策・SNS運用・リスティング広告運用などWEBマーケティングも得意としており、集客にお悩みの方はぜひご相談ください。

まずはお気軽にお問合せください。

お見積り、外注のご相談はこちらをクリック

 

お気軽にご相談ください

成果の出るホームページのご提案をさせていただきます。
集客や売り上げに直結するノウハウなどもございます。まずは一度お問い合わせください。

最新の制作実績

弊社サービス