06-6777-3688
BLOG

リスティング広告の基礎知識を徹底解説!【WEB担当者向け】

2020年9月18日

あなたは「リスティング広告って何ですか?」と聞かれたら、スムーズに答えることができますか?

おそらく、「なんとなくはわかるけど、具体的に説明してと言われたらちょっと困る」という人もいるのではないでしょうか。

もしあなたが会社のWEB担当者でしたら、リスティング広告の知識は必要不可欠です。

本記事では、WEB担当者になったばかりの方向けに、リスティング広告の基礎知識を徹底解説していきます。

リスティング広告の基礎知識は、WEBマーケティング始めるなら知っておいて絶対に損はありません。

ぜひ最後までお読みくださいね。

リスティング広告とは

疑問

リスティング広告には、あるキーワードを検索した際にその結果として表示される「検索連動型広告」と、広告枠があるパートナーサイトにバナーやテキストなどの広告を表示できる「ディスプレイ広告」というものがあります。

「ディスプレイ広告とリスティング広告は別物では?」と思う方がいるかもしれませんが、実はディスプレイ広告もリスティング広告の1つです。

日本のリスティング広告の中では、「Google広告」「Yahoo!広告」の2つがよく知られています。

リスティング広告の種類1:検索連動型広告

リスティング広告

検索連動型広告は、広告主が登録したキーワードをユーザーが検索することで表示される仕組みです。

検索結果の上部と下部に表示されます。

そして、ユーザーが表示された広告をクリックすることではじめて広告主に広告費が請求されるというわけです。(クリック課金方式)

これらの特徴から、検索連動型広告は「キーワード広告」「PPC(Pay per click)広告」と呼ばれることもあります。

リスティング広告の種類2:ディスプレイ広告

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、WEBサイトの広告枠に表示される画像・動画・テキストのことです。

料金が発生する仕組みとしては、広告がクリックされた回数で広告費が決まる「クリック課金方式」が主流ですが、広告がパートナーサイトに表示された回数に応じて費用が発生する「インプレッション課金方式」も存在します。

2019年の時点で日本のWEB広告費は、検索連動型広告とディスプレイ広告だけで7割を超えているのが現状です。

リスティング広告は、もはやインターネット広告の主流といえるでしょう。

(参考:dentsu 『2019年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析』より)

リスティング広告(検索連動型広告)とSEO(自然検索)の違い

違い

リスティング広告(検索連動型広告)とSEO(自然検索)は「検索結果にサイトを表示し、集客する」という意味では同じ働きをします。

では両者の違いは一体何なのでしょうか。

一番の違いは「サイト表示についてコントロールができるか否か」です。

リスティング広告は、極端にいうとお金を出せば検索結果の上位に表示させることができます。

設定にもそれほど時間がかからないので、比較的すぐに結果を出すことができるでしょう。

一方SEO(自然検索)は、検索エンジンのアルゴリズムによって順位が決まり表示されるので、検索結果1ページ目に表示させるには多くの時間と労力が必要となります。

上位に表示させるためには、「検索ユーザーが満足するような情報を提供していますね」というGoogle(または他の検索エンジン)のお墨付きが必要になるからです。

リスティング広告・SEOのどちらも集客のためには大切な施策ですが、まずは手軽に始められるリスティング広告から手を出すことをおすすめします。

リスティング広告の料金システムについて

料金システム

次に、リスティング広告の料金システムを段階をわけて解説していきます。

1.リスティング広告費の決まり方

リスティング広告(検索連動型広告)では、広告表示回数ではなくクリックされてはじめて料金が発生する「クリック課金方式」が採用されています。

クリックされたときに発生する広告費(1クリックあたりの料金)は、広告主自身が自由に設定できる入札価格と広告の品質で決定されます。

つまり広告費は、「1回あたりのクリック料金×クリック回数」で決まることになるのです。

2.広告主が決められる入札価格

入札価格の決定は、名前の通り入札形式で行われます。

広告を表示させるためには、最低入札価格(1円~9999円:キーワードや広告の品質、入札者によって変わる)以上での入札が必要です。

一般的にインデックス数が多いキーワードほど、最低入札価格も高くなる傾向があります。

インデックス数とはGoogleをはじめとする検索エンジンのクローラーが各サイトにアクセスし、検索データベースに登録したURL数のことです。

3.広告の掲載順位は「入札価格」と「広告の品質」で決まる

1つのキーワードに複数の入札があった場合は、「入札価格」×「広告の品質(クリック率など)」から計算される「広告ランク」によって広告の掲載順位が決まります。

広告ランクが高いものがから順に上位表示される仕組みです。

リスティング広告の予算の目安

予算

リスティング広告の料金システムがわかったけれど、実際の予算って具体的にどれくらい必要なのかが気になりますよね。

リスティング広告は広告費用を自由に設定できるので、逆に迷ってしまう方もいるでしょう。

あくまで目安ですが、リスティング広告の予算は中小企業の場合5万円~100万円/月と考えておいてください。

業界によってもリスティング広告の予算は全く違ってくるので、あくまで参考程度です。

本来、リスティング広告の予算は目標獲得件数(CPA)や費用対効果などの数値から計算して決めるものなので、予算はがっちり決めずに最高額ならここまでというボーダーラインを作っておくだけの方が得策でしょう。

リスティング広告のメリット・デメリット

メリットデメリット

では、次にリスティング広告のメリットとデメリットについて解説していきます。

検索連動型広告のメリット

検索連動型広告のメリットは以下の3点です。

*検索連動型広告のメリット
1.低予算でも始められる

2.関心が高いユーザーに絞って広告を配信できる

3.すぐに配信できて、いつでも停止できる
 

広告をクリックするまで費用がかからないので、無駄な費用が発生せずに低予算でも配信することが可能です。

しかし、「転職」「投資」などのビックキーワードはクリック単価が高くなる傾向にあるので注意してください。

また、検索連動型広告では、地域・時間帯・年齢・性別などでユーザー絞ることができます。

例えば、「東京都・神奈川県・千葉県・埼玉在住の20代女性のみに配信する」というような感じです。

さらに広告は出したいときにいつでも出すことができますし、逆に広告の停止もいつでもできるので、広告費のコントロールも比較的簡単といえるでしょう。

検索連動型広告のデメリット

検索連動型広告のデメリットは以下の2点です。

*検索連動型広告のデメリット
1.関心のないユーザーには表示できない

2.運用に手間がかかる

まず検索連動型広告は、関心のないユーザーには広告を表示させることが不可能です。

新聞広告やテレビCMのように不特定多数の方に商品やサービスを知ってもらえることはありません。

幅広いターゲット向けにはディスプレイ広告の方が適しているでしょう。

また、検索連動型広告は手間がかかります。

管理画面の操作方法や入札基準などについても様々な知識が必要なので、他の業務と並行するのには苦労するかもしれません。

ディスプレイ広告のメリット

ディスプレイ広告のメリットは以下の3つです。

*ディスプレイ広告のメリット
1.潜在層へ広告を表示できる

2.テキストだけでなく、画像と動画で集客できる

3.リマーケティング・リターゲティングでユーザーを後追いできる
 

ディスプレイ広告は、検索連動型広告と違って「潜在層へのアプローチ」ができます。Yahoo!であれば一度検索したことのあるキーワード、Googleであれば登録したキーワードに関連しているサイトにアクセスしたユーザーに広告配信を行います。

上記のようなユーザーは、元々商品の購入やサービス利用を検討している方が多いので、いずれコンバージョンしてくれる可能性が高いです。

また、ディスプレイ広告の配信方法の中には、リマーケティング・リターゲティングがあります。

これらは、一度会社のホームページやランディングページにアクセスしたことのあるユーザーに対して、広告を配信できるシステムです。

検索や広告経由などでページにアクセスしてくれたユーザーは、その会社の商品やサービスに興味がある方が多いので、コンバージョンに繋がりやすいといえます。。

ディスプレイ広告のデメリット

ディスプレイ広告のデメリットは以下の3点です。

*ディスプレイ広告のデメリット
1.検索連動型広告に比べてコンバージョンが起こりにくい

2.成果の要素が見えづらい
3.検索連動型広告同様、運用に手間がかかる

検索連動型広告は、商品の購入やサービスの利用を考えているユーザーへ広告を配信するので、コンバージョン率は高い傾向にあります。

しかし、潜在層へのアプローチをするディスプレイ広告は、商品に興味がないユーザーにも広告を配信することになるので結果的にコンバージョン率は検索連動型広告に比べて低めになる傾向が強いです。

ディスプレイ広告が悪いというわけではなく、目的をどこに置くかによって検索連動型広告との併用を考えても良いでしょう。

また、広告のスタイルがテキストに加えて画像や動画も含まれる上ターゲットも幅広いので、どの要素が決定的な成果要員なのかがわかりにくいのもデメリットの1つです。

リスティング広告が向いている企業とは

企業

リスティング広告の特徴やメリット・デメリットを踏まえると、どんな企業にリスティング広告が向いているかが見えてくるでしょう。

まず、リスティング広告が向いている企業の特徴として、「検索ニーズが多く、粗利益も大きい」商材・サービスを扱っている企業が挙げられます。

例えば、以下のような企業です。

*リスティング広告が向いている企業の特徴
1.客単価が高くて粗利益も高いもの(不動産・リフォームなど)

2.客単価は低いがリピート率が高いもの(健康食品・化粧品など)

3.ネガティブ・コンプレックス系商材(育毛剤・ダイエットサプリなど)

4.期間限定で一時的に需要が高まるもの(おせち・お中元など)

5.競合の商品やサービスと比べて、突出した優位性を持っているもの(価格・信頼性など)
 

上記に該当している場合は、リスティング広告で成果が出せる可能性が比較的高いです。

ただし、既に他の競合もリスティング広告を出稿していることが多いので、競合性は高くなるでしょう。

なので、競合調査を事前にしっかりと行うことが大切です。

リスティング広告の運用を専門業者に任せるのもあり

専門業者

あなたはリスティング広告を運用する際、自社で運用する予定でしょうか?

リスティング広告の運用は、メリット・デメリットのところでもお話した通り手間がかかります。

他の業務と並行してリスティング広告を運用するとなると、かなり大変になることでしょう。

しかし、今の日本にはリスティング広告の運用を行っている専門業者がたくさん存在します。

お金はかかりますが、手間もかからずプロが運用してくれるので、下手に自分たちでやるよりも結果的に安上がりなる可能性が高いです。

リスティング広告の基礎知識 まとめ

本記事では、初心者のWEB担当者向けにリスティング広告の基礎知識を解説してきました。

リスティング広告にも大きくわけると「検索連動型広告」「ディスプレイ広告」の2種類があります。

検索連動型広告は、検索結果画面の上部と下部に表示される広告のことで、ディスプレイ広告はWEBサイトの広告枠表示される広告のことです。

検索連動型広告とディスプレイ広告は同じリスティング広告ですが、特徴やメリットデメリットが大きく異なるので、慎重に考えた上で自社に合った広告を選びましょう。

また、自社で運用するか専門業者に依頼するかも非常に大事なポイントです。

社内にWEBに詳しい方がいないのなら、最初は専門業者に依頼するのがおすすめですよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

株式会社ファーストネットジャパンでは、1998年の創業から培ってきた知見・経験を基に、良質かつユーザー第一のWEBサイトを制作して参りました。

弊社はコーポレートサイト・採用サイト・ECサイト・LPサイトなど、様々なWEBサイトの制作に対応しております。

また、リスティング広告をはじめとするネット広告の運用にも力をいれている所存です。

まずはお気軽にお問合せください。

お見積り、外注のご相談はこちらをクリック

お気軽にご相談ください

成果の出るホームページのご提案をさせていただきます。
集客や売り上げに直結するノウハウなどもございます。まずは一度お問い合わせください。

最新の制作実績

弊社サービス